【写真特集】横浜中華街が歩んだ160年の歴史

  • 【横浜中華街】山下居留地165番地付近 上)現存する最古の中華街の写真で1874年頃とされる。中央の建物の左手が現在の中華街大通りで、右手が開港道にあたる。なまこ壁や石造りの建物が見える 山本博士氏蔵 下)2021年1月の同じ地を撮影したもの (撮影/横山和江)

    【横浜中華街】山下居留地165番地付近 上)現存する最古の中華街の写真で1874年頃とされる。中央の建物の左手が現在の中華街大通りで、右手が開港道にあたる。なまこ壁や石造りの建物が見える 山本博士氏蔵 下)2021年1月の同じ地を撮影したもの (撮影/横山和江)

  • 【中華街大通り】1900〜20年代初頭。レンガ造りの建物や木造の両替商、貿易商、料理店などが並んでいた 横浜開港資料館蔵

    【中華街大通り】1900〜20年代初頭。レンガ造りの建物や木造の両替商、貿易商、料理店などが並んでいた 横浜開港資料館蔵

  • 【中華街大通り】2021年2月の善隣門 (撮影/横山和江)

    【中華街大通り】2021年2月の善隣門 (撮影/横山和江)

  • 【善隣門】中華街大通り入り口にある門。「中華街」と掲げられたことで、それまで「南京町」と呼ばれていたが、以来「中華街」の名が定着した。1964年の写真 竹内義人氏寄贈・横浜開港資料館蔵

    【善隣門】中華街大通り入り口にある門。「中華街」と掲げられたことで、それまで「南京町」と呼ばれていたが、以来「中華街」の名が定着した。1964年の写真 竹内義人氏寄贈・横浜開港資料館蔵

  • 【聘珍樓店舗正面】1930年頃の同店の絵はがき。緑の屋根瓦に赤い柱が特徴的で200人ほどの客を収容できた。堂々とした建物は中華街のシンボル的な存在だった 横浜開港資料館蔵

    【聘珍樓店舗正面】1930年頃の同店の絵はがき。緑の屋根瓦に赤い柱が特徴的で200人ほどの客を収容できた。堂々とした建物は中華街のシンボル的な存在だった 横浜開港資料館蔵

  • 【中華料理店・安楽園】安楽園の応接間で撮影された安楽(羅)家の人々。横浜市史資料室蔵・前川浄二家資料

    【中華料理店・安楽園】安楽園の応接間で撮影された安楽(羅)家の人々。横浜市史資料室蔵・前川浄二家資料

  • 【中華料理店・安楽園】1924年頃の創業まもない中華料理店・安楽園の外観。安楽富美氏蔵

    【中華料理店・安楽園】1924年頃の創業まもない中華料理店・安楽園の外観。安楽富美氏蔵

  • 【中華料理店・安楽園】安楽園で使われていた円卓、食器類、屏風。回転テーブル付きの座卓は昭和の日本ならではのもの 安楽富美氏寄贈・横浜開港資料館蔵

    【中華料理店・安楽園】安楽園で使われていた円卓、食器類、屏風。回転テーブル付きの座卓は昭和の日本ならではのもの 安楽富美氏寄贈・横浜開港資料館蔵

  • 【S.CHEW ピアノ】当時の横浜中華街はピアノの製造拠点として知られていた。これは、1911〜14年頃に製造された「周ピアノ」。音のよさと美しい装飾で評判が高く人気があった 周斐宸氏蔵

    【S.CHEW ピアノ】当時の横浜中華街はピアノの製造拠点として知られていた。これは、1911〜14年頃に製造された「周ピアノ」。音のよさと美しい装飾で評判が高く人気があった 周斐宸氏蔵

  • 【張方廣のトランク】上海共同租界にあった「萬生泰」という名の店が製造した1920〜40年製の革製鞄 張師振氏寄贈・横浜ユーラシア文化館蔵

    【張方廣のトランク】上海共同租界にあった「萬生泰」という名の店が製造した1920〜40年製の革製鞄 張師振氏寄贈・横浜ユーラシア文化館蔵

  • 関連記事

    • 横浜中華街160年の歴史 観光地だけでない「ふるさと」の一面も

      横浜中華街160年の歴史 観光地だけでない「ふるさと」の一面も

    • グルメの秋を満喫! 11月1日~30日まで、横浜中華街で食の祭典「美食節」を開催!

      グルメの秋を満喫! 11月1日~30日まで、横浜中華街で食の祭典「美食節」を開催!

    • 横浜中華街で日本最古の老舗が閉店、「ガチ中華」ブーム到来で淘汰の危機

      横浜中華街で日本最古の老舗が閉店、「ガチ中華」ブーム到来で淘汰の危機

    写真の記事を読む
【横浜中華街】山下居留地165番地付近 上)現存する最古の中華街の写真で1874年頃とされる。中央の建物の左手が現在の中華街大通りで、右手が開港道にあたる。なまこ壁や石造りの建物が見える 山本博士氏蔵 下)2021年1月の同じ地を撮影したもの (撮影/横山和江)
【中華街大通り】1900〜20年代初頭。レンガ造りの建物や木造の両替商、貿易商、料理店などが並んでいた 横浜開港資料館蔵
【中華街大通り】2021年2月の善隣門 (撮影/横山和江)
【善隣門】中華街大通り入り口にある門。「中華街」と掲げられたことで、それまで「南京町」と呼ばれていたが、以来「中華街」の名が定着した。1964年の写真 竹内義人氏寄贈・横浜開港資料館蔵
【聘珍樓店舗正面】1930年頃の同店の絵はがき。緑の屋根瓦に赤い柱が特徴的で200人ほどの客を収容できた。堂々とした建物は中華街のシンボル的な存在だった 横浜開港資料館蔵
【中華料理店・安楽園】安楽園の応接間で撮影された安楽(羅)家の人々。横浜市史資料室蔵・前川浄二家資料
【中華料理店・安楽園】1924年頃の創業まもない中華料理店・安楽園の外観。安楽富美氏蔵
【中華料理店・安楽園】安楽園で使われていた円卓、食器類、屏風。回転テーブル付きの座卓は昭和の日本ならではのもの 安楽富美氏寄贈・横浜開港資料館蔵
【S.CHEW ピアノ】当時の横浜中華街はピアノの製造拠点として知られていた。これは、1911〜14年頃に製造された「周ピアノ」。音のよさと美しい装飾で評判が高く人気があった 周斐宸氏蔵
【張方廣のトランク】上海共同租界にあった「萬生泰」という名の店が製造した1920〜40年製の革製鞄 張師振氏寄贈・横浜ユーラシア文化館蔵
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 春節までもうすぐ!「肉まん」を横浜中華街でお土産に買って帰ろう

    春節までもうすぐ!「肉まん」を横浜中華街でお土産に買って帰ろう

    tenki.jp

    2/3

    夜も満喫!横浜を夜景で楽しみながら観光しちゃおう

    夜も満喫!横浜を夜景で楽しみながら観光しちゃおう

    tenki.jp

    12/6

  • ウンチクも面白い 人気作家の「近代建築巡り」

    ウンチクも面白い 人気作家の「近代建築巡り」

    BOOKSTAND

    5/19

    HAN-KUN、EP『未来へのかたち』リリース決定

    HAN-KUN、EP『未来へのかたち』リリース決定

    Billboard JAPAN

    4/22

  • 「春節」を迎えた横浜中華街で、もう一度お正月気分を満喫!

    「春節」を迎えた横浜中華街で、もう一度お正月気分を満喫!

    tenki.jp

    2/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す