福島第一原発事故後、周辺地域復興への果てしない道のりの第一歩|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

福島第一原発事故後、周辺地域復興への果てしない道のりの第一歩

 福島第一原発事故から10年。いまだ厳しい立ち入り制限が続く帰還困難区域のみならず、その周辺地域でも生活基盤の復興にはほど遠く、かつてその土地で暮らしを営んできた人々の帰還は遅々として進んでいない。写真家・渡辺幹夫さんは繰り返し現地を訪れ、その厳しい現実にレンズを向けてきた。果てしない復興への第一歩を写真で伝えます。

【関連記事】
元朝日新聞の写真家・渡辺幹夫が撮り続ける福島原発事故の帰還困難区域のいま


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい