【難関国立大学】東大、京大…現役進学率が高い実力校最新ランキング!

  • 東京大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

    東京大学
    旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

  • 京都大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

    京都大学
    旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

  • 北海道大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

    北海道大学
    旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

  • 東北大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

    東北大学
    旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

  • 名古屋大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

    名古屋大学
    旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

  • 大阪大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

    大阪大学
    旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

  • 九州大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

    九州大学
    旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

  • 関連記事

    • 【難関私立大学】早慶、MARCH、関関同立…現役進学率が高い実力校ランキング!2020年版

      【難関私立大学】早慶、MARCH、関関同立…現役進学率が高い実力校ランキング!2020年版

    • 最新「現役進学率ランキング」 早慶MARCH…難関私大に強い高校はここだ!

      最新「現役進学率ランキング」 早慶MARCH…難関私大に強い高校はここだ!

    • 難関国立大に強い実力校ランキング! 東大「現役進学率」で王者・開成を上回る高校とは?

      難関国立大に強い実力校ランキング! 東大「現役進学率」で王者・開成を上回る高校とは?

    写真の記事を読む
東京大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信
京都大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信
北海道大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信
東北大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信
名古屋大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信
大阪大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信
九州大学旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 開成でも灘でもない 「2人に1人」が現役で東大進学する名門高校

    開成でも灘でもない 「2人に1人」が現役で東大進学する名門高校

    週刊朝日

    6/30

    早・慶大 現役進学率トップはあの女子校だった!

    早・慶大 現役進学率トップはあの女子校だった!

    週刊朝日

    7/1

  • 【16大学合格ランキング】東大、京大、東工大、早慶…難関大に強い高校はここだ!

    【16大学合格ランキング】東大、京大、東工大、早慶…難関大に強い高校はここだ!

    4/15

    医学部に強い高校ランキング 国公立医学部合格トップは東海、私大合格1位は名門女子校が躍進

    医学部に強い高校ランキング 国公立医学部合格トップは東海、私大合格1位は名門女子校が躍進

    dot.

    12/27

  • 開成、灘を圧倒! 生徒の半分が東大現役進学する高校は?

    開成、灘を圧倒! 生徒の半分が東大現役進学する高校は?

    週刊朝日

    6/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す