たたくと胞子を出すキノコも?! 神戸・六甲山で見つけたキノコたち|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

たたくと胞子を出すキノコも?! 神戸・六甲山で見つけたキノコたち

このエントリーをはてなブックマークに追加

 兵庫県立御影高校の環境科学部生物班、通称「キノコ部」は、キノコについて研究する珍しい部活だ。2019年4月下旬、キノコ部の部員らとともに、「兵庫きのこ研究会」が神戸・六甲山系の再度公園で行う定点観察会に参加した。公園周辺で見つかったキノコを紹介する。

【関連記事】
高校生が10年で約600種以上のキノコを収集! なぜ彼らは“キノコ部”を選んだのか?

文・写真=南文枝