安倍政権は歴史の「言葉」を「つまみ食い」

  • 歴史的文書や詔書に触れておくと、為政者が「語らない歴史」を知ることもできる。写真は、教育勅語の巻物 (c)朝日新聞社

    歴史的文書や詔書に触れておくと、為政者が「語らない歴史」を知ることもできる。写真は、教育勅語の巻物 (c)朝日新聞社

  • ポツダム宣言受諾を伝える朝日新聞 (c)朝日新聞社

    ポツダム宣言受諾を伝える朝日新聞 (c)朝日新聞社

  • 由利公正が書いた五箇条の御誓文 (c)朝日新聞社

    由利公正が書いた五箇条の御誓文 (c)朝日新聞社

  • 大日本帝国憲法の第一章「天皇」の項 (c)朝日新聞社

    大日本帝国憲法の第一章「天皇」の項 (c)朝日新聞社

  • 1946年11月3日、新憲法公布記念式典で、昭和天皇に奉答する吉田茂首相(帝国議会の貴族院本会議場で)。日本国憲法の公布から72年。改憲の国民投票は実現するか (c)朝日新聞社

    1946年11月3日、新憲法公布記念式典で、昭和天皇に奉答する吉田茂首相(帝国議会の貴族院本会議場で)。日本国憲法の公布から72年。改憲の国民投票は実現するか (c)朝日新聞社

  • 荻上チキ(おぎうえ・ちき、右):評論家、「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ)パーソナリティー。著書に『すべての新聞は「偏って」いる』『日本の大問題』、共著に『ブラック校則』など/片山杜秀(かたやま・もりひで、左)/政治学者(政治思想史)。慶応義塾大学法学部教授。著書に『近代日本の右翼思想』『未完のファシズム』など。学者と並行して音楽批評家としても活動(撮影/写真部・小山幸佑)

    荻上チキ(おぎうえ・ちき、右):評論家、「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ)パーソナリティー。著書に『すべての新聞は「偏って」いる』『日本の大問題』、共著に『ブラック校則』など/片山杜秀(かたやま・もりひで、左)/政治学者(政治思想史)。慶応義塾大学法学部教授。著書に『近代日本の右翼思想』『未完のファシズム』など。学者と並行して音楽批評家としても活動(撮影/写真部・小山幸佑)

歴史的文書や詔書に触れておくと、為政者が「語らない歴史」を知ることもできる。写真は、教育勅語の巻物 (c)朝日新聞社
ポツダム宣言受諾を伝える朝日新聞 (c)朝日新聞社
由利公正が書いた五箇条の御誓文 (c)朝日新聞社
大日本帝国憲法の第一章「天皇」の項 (c)朝日新聞社
1946年11月3日、新憲法公布記念式典で、昭和天皇に奉答する吉田茂首相(帝国議会の貴族院本会議場で)。日本国憲法の公布から72年。改憲の国民投票は実現するか (c)朝日新聞社
荻上チキ(おぎうえ・ちき、右):評論家、「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ)パーソナリティー。著書に『すべての新聞は「偏って」いる』『日本の大問題』、共著に『ブラック校則』など/片山杜秀(かたやま・もりひで、左)/政治学者(政治思想史)。慶応義塾大学法学部教授。著書に『近代日本の右翼思想』『未完のファシズム』など。学者と並行して音楽批評家としても活動(撮影/写真部・小山幸佑)

あわせて読みたい

  • 安倍政権の国家観は「歴史の言葉」の「つまみ食い」 荻上チキ×片山杜秀が警鐘

    安倍政権の国家観は「歴史の言葉」の「つまみ食い」 荻上チキ×片山杜秀が警鐘

    AERA

    12/5

    政界で“復活”する教育勅語 「排除」「失効確認」した1948年国会決議を読み直す

    政界で“復活”する教育勅語 「排除」「失効確認」した1948年国会決議を読み直す

    dot.

    10/11

  • 世界の記憶遺産60

    世界の記憶遺産60

    週刊朝日

    8/6

    埼玉県の小学校で配られた「愛国文書」の中身

    埼玉県の小学校で配られた「愛国文書」の中身

    AERA

    5/29

  • 森友学園は氷山の一角 尾木ママが警告する「教育勅語」と教育の行方

    森友学園は氷山の一角 尾木ママが警告する「教育勅語」と教育の行方

    dot.

    4/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す