あなたの知らない日本の外国 神奈川県「インドシナ団地」を行く|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あなたの知らない日本の外国 神奈川県「インドシナ団地」を行く

1980年~96年のインドシナ難民事業では、ラオスも含めてベトナム、カンボジア人合わせて1万1000人の人々が日本にやってきた。そんな彼らがいまでも多く暮らすのが、横浜市と大和市にまたがる巨大公営住宅、いちょう団地だ。

最寄り駅の小田急電鉄・高座渋谷駅を出ると、郊外のどこにでもあるような新興住宅街が広がる。駅から15分ほどで団地が見えてくる。2000世帯以上が暮らす神奈川最大の公営住宅だというが、うち2~3割が外国人だという。

そんなインドシナ団地を写真で紹介する。

 

【関連記事】

あなたの知らない日本の外国 神奈川県「インドシナ団地」

 

写真・文/室橋裕和


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい