昭和三陸地震と東日本大震災

1933年(昭和8)年3月3日の昭和三陸地震。
震災後わずか9日後にアサヒグラフ臨時増刊は印刷された。
そこに掲載された写真の数々と、その78年後に起きた東日本大震災の写真の共通性に驚く。
数十年後、「3枚目」の写真が並ぶことのないことを祈るばかりだ。
 
【関連フォトギャラリー】
思い揺れる町 ―南相馬市小高区を歩く―
DAYS FUKUSHIMA
復興した被災地ホテル・三陸海岸
フクシマ・アネクメネ
 
撮影:朝日新聞社写真部
 

あわせて読みたい

  • M8級の余震を生む「アウターライズ地震」とは?

    M8級の余震を生む「アウターライズ地震」とは?

    週刊朝日

    12/10

    亡き娘に「風の電話」で母がメッセージ 災害記者が見た被災地

    亡き娘に「風の電話」で母がメッセージ 災害記者が見た被災地

    AERA

    3/27

  • 意識の備えを~東日本大震災から4年~

    意識の備えを~東日本大震災から4年~

    tenki.jp

    3/11

    地震頻発の茨城県に謎の「空白域」

    地震頻発の茨城県に謎の「空白域」

    AERA

    2/18

  • 岩手県、宮城県で震度4の地震 津波の心配なし

    岩手県、宮城県で震度4の地震 津波の心配なし

    tenki.jp

    4/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す