心が寄り合う“仮設”の今 時とともに移りゆく、集会所と住宅

被災地の集会所は、人と人とを結ぶかけがえのない空間。

建築家らがつくった“ゆとり”の場を歩いてみた。

 

【関連記事】

デザイン性に富んだ「仮設」 被災地に“ゆとり”を生む

 

【関連フォトギャラリー】

ノンフィクション作家・吉岡忍が巨大防潮堤を問う 「消えゆく海」

気仙沼「共徳丸」~あれから3年

福島第一原発20キロ圏内 止まり続ける時間

 

撮影・馬場岳人(写真部)

週刊朝日 2014年3月14日号

あわせて読みたい

  • デザイン性に富んだ「仮設」 被災地に“ゆとり”を生む

    デザイン性に富んだ「仮設」 被災地に“ゆとり”を生む

    週刊朝日

    3/10

    「釜石のためになることを」津波を逃れた慶大生の決意とは?

    「釜石のためになることを」津波を逃れた慶大生の決意とは?

    AERA

    3/11

  • 渋谷の「のんべい横丁」が支援した被災地の横丁が復活

    渋谷の「のんべい横丁」が支援した被災地の横丁が復活

    週刊朝日

    4/19

    仮設住宅癒す「坊主カフェ」で命のリレー

    仮設住宅癒す「坊主カフェ」で命のリレー

    AERA

    11/2

  • 東大、特別休学で50万円支給 新しいプログラム

    東大、特別休学で50万円支給 新しいプログラム

    AERA

    9/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す