心が寄り合う“仮設”の今 時とともに移りゆく、集会所と住宅|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

心が寄り合う“仮設”の今 時とともに移りゆく、集会所と住宅

このエントリーをはてなブックマークに追加

被災地の集会所は、人と人とを結ぶかけがえのない空間。

建築家らがつくった“ゆとり”の場を歩いてみた。

 

【関連記事】

デザイン性に富んだ「仮設」 被災地に“ゆとり”を生む

 

【関連フォトギャラリー】

ノンフィクション作家・吉岡忍が巨大防潮堤を問う 「消えゆく海」

気仙沼「共徳丸」~あれから3年

福島第一原発20キロ圏内 止まり続ける時間

 

撮影・馬場岳人(写真部)

週刊朝日 2014年3月14日号