気仙沼「共徳丸」~あれから3年

東日本大震災から2年7カ月。
平成25年10月24日に、気仙沼市の市街地に打ち上げられていた第18共徳丸の解体工事が終わった。
工事のために設置されていたパーテションも外され、現場は更地になった。
2012年からの共徳丸の姿を写真で追った。
 
【関連フォトギャラリー】
気仙沼「共徳丸」~Since 3.11
心が寄り合う“仮設”の今 時とともに移りゆく、集会所と住宅
ノンフィクション作家・吉岡忍が巨大防潮堤を問う 「消えゆく海」
福島第一原発20キロ圏内 止まり続ける時間
 
撮影・馬場岳人(写真部)

あわせて読みたい

  • 気仙沼「共徳丸」~Since 3.11

    気仙沼「共徳丸」~Since 3.11

    10/22

    気仙沼「共徳丸」解体 見物客の記念撮影増加 住民心情に配慮する声も

    気仙沼「共徳丸」解体 見物客の記念撮影増加 住民心情に配慮する声も

    週刊朝日

    10/22

  • 申請するだけでもらえるお金

    申請するだけでもらえるお金

    11/9

    黒森歌舞伎 ―日本の心 芝居の原風景

    黒森歌舞伎 ―日本の心 芝居の原風景

    3/12

  • 【写真特集】東京国立博物館で「三国志」展が大盛況

    【写真特集】東京国立博物館で「三国志」展が大盛況

    8/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す