ウェットスーツ素材や強化ダンボールを活かした「石巻の手しごと 青山へ」|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ウェットスーツ素材や強化ダンボールを活かした「石巻の手しごと 青山へ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大震災の被害から復興が進みつつある、宮城県石巻市在住の陶芸家やカメラマンなどの展覧会「石巻の手しごと 青山へ」が港区南青山のギャルリーワッツで開催される。特定非営利活動法人いしのまきNPOセンター「巻.com」事務局のコーディネートでセレクトされた作り手たちは、石巻の素材を利用し個展活動をしている作家だけでなく、強化ダンボールやウェットスーツなど自分が本業で扱っている素材を活かして新たな創作活動を行っている人、また被災で職を失った中で、ささやかながらもものづくりを継続しているプロジェクトなど7組。
このフォトギャラリーでは、作品の一部を紹介する。
イベントの詳細は下記の通り
◇開催期間:2014年9月14日(日)~20日(土) 12:00~19:00(最終日は17時まで)
◇開催場所:ギャルリー ワッツ(東京都港区南青山5-4-44ラポール南青山103 www.wa2.jp)
◇オープニングイベント: 9月14日(日)15時~17時 外苑前アイランドスタジオにて
【関連記事】
ウェットスーツ素材や強化ダンボールを活かした石巻の手しごとを東京で体験する
強化ダンボールで、未来の石巻に希望と喜びを