第19回手塚治虫文化賞 贈呈式と記念イベントを写真で

  • 贈呈式は、東京・築地の浜離宮朝日ホールで行われた

    贈呈式は、東京・築地の浜離宮朝日ホールで行われた

  • 会場ロビーには受賞作品のパネルと単行本が並んだ

    会場ロビーには受賞作品のパネルと単行本が並んだ

  • 会場ロビーに飾られた、お茶の水博士とレオのフィギュア。毎年、授賞式で配られるピンバッジも19年分が勢揃い

    会場ロビーに飾られた、お茶の水博士とレオのフィギュア。毎年、授賞式で配られるピンバッジも19年分が勢揃い

  • 『逢沢りく』(文藝春秋)でマンガ大賞を受賞した、ほしよりこさんのサイン入りパネル

    『逢沢りく』(文藝春秋)でマンガ大賞を受賞した、ほしよりこさんのサイン入りパネル

  • 『聲の形』(講談社)で新生賞を受賞した、大今良時さんのサイン入りパネル

    『聲の形』(講談社)で新生賞を受賞した、大今良時さんのサイン入りパネル

  • 短編賞を受賞した吉田戦車さんのサイン入りパネル。『伝染るんです。』でおなじみのキャラクター「かわうそ君」の姿も

    短編賞を受賞した吉田戦車さんのサイン入りパネル。『伝染るんです。』でおなじみのキャラクター「かわうそ君」の姿も

  • 『小さな恋のものがたり』(学研パブリッシング)で特別賞を受賞した、みつはしちかこさんのサイン入りパネル

    『小さな恋のものがたり』(学研パブリッシング)で特別賞を受賞した、みつはしちかこさんのサイン入りパネル

  • みつはしさんの『小さな恋のものがたり』受賞記念スマホケース

    みつはしさんの『小さな恋のものがたり』受賞記念スマホケース

  • 手塚治虫文化賞贈呈式会場の様子。渡辺雅隆(朝日新聞社社長)の主催者挨拶から始まった

    手塚治虫文化賞贈呈式会場の様子。渡辺雅隆(朝日新聞社社長)の主催者挨拶から始まった

  • 祝辞を述べる、来賓の手塚眞さん。「マンガには、作者個人の思いを超えていく力があります。今回の受賞作品も、さらに世の中に出ていって多くの人に読まれ、それがこれからの日本のマンガを形作っていくのだと思います」

    祝辞を述べる、来賓の手塚眞さん。「マンガには、作者個人の思いを超えていく力があります。今回の受賞作品も、さらに世の中に出ていって多くの人に読まれ、それがこれからの日本のマンガを形作っていくのだと思います」

  • 選考経過を報告する、選考委員の中条省平さん。「今までのマンガにはない独特の柔らかいタッチが、人間に本来備わるあいまいな部分に呼応するところではないか。その革新性は大賞に相応しいということで議論が一致しました」

    選考経過を報告する、選考委員の中条省平さん。「今までのマンガにはない独特の柔らかいタッチが、人間に本来備わるあいまいな部分に呼応するところではないか。その革新性は大賞に相応しいということで議論が一致しました」

  • 「『逢沢りく』ほしよりこ殿」の文字が彫られたアトム像。緊張の面持ちで像を受け取ったほしさんは、「緊張してしまって何も言えなくて……。本当にありがとうございます」と感謝の言葉を述べた

    「『逢沢りく』ほしよりこ殿」の文字が彫られたアトム像。緊張の面持ちで像を受け取ったほしさんは、「緊張してしまって何も言えなくて……。本当にありがとうございます」と感謝の言葉を述べた

  • アトム像を受け取る大今良時さん

    アトム像を受け取る大今良時さん

  • 新生賞を受賞した大今さん。アトム像を胸に、この賞に見合うようなマンガをこれからも描いていきたいと、今後の抱負を述べた

    新生賞を受賞した大今さん。アトム像を胸に、この賞に見合うようなマンガをこれからも描いていきたいと、今後の抱負を述べた

  • アトム像を受け取る吉田戦車さん

    アトム像を受け取る吉田戦車さん

  • 短編賞を受賞した吉田さん。マンガというジャンルと雑誌という文化に心から感謝したいと語った

    短編賞を受賞した吉田さん。マンガというジャンルと雑誌という文化に心から感謝したいと語った

  • 贈呈式後に行われた記念イベントで対談をする伊藤理佐さんと吉田戦車さん

    贈呈式後に行われた記念イベントで対談をする伊藤理佐さんと吉田戦車さん

  • 対談中の吉田戦車さん。「担当編集者から受賞の電話をもらったときはてっきり連載マンガの描き直しかと思った」と苦笑い

    対談中の吉田戦車さん。「担当編集者から受賞の電話をもらったときはてっきり連載マンガの描き直しかと思った」と苦笑い

  • 対談中の伊藤理佐さん。「うちは普段、夜8時以降はめったに電話がかかってこないから岩手のお母さんからだと。そのぐらい、短編賞は“突然”やってくるんです!」

    対談中の伊藤理佐さん。「うちは普段、夜8時以降はめったに電話がかかってこないから岩手のお母さんからだと。そのぐらい、短編賞は“突然”やってくるんです!」

  • 関連記事

    • 第20回手塚治虫文化賞 記念イベントと会場の様子を写真で紹介

      第20回手塚治虫文化賞 記念イベントと会場の様子を写真で紹介

    • 羽海野チカさん対談も! 第18回手塚治虫文化賞 贈呈式と記念イベントを写真で

      羽海野チカさん対談も! 第18回手塚治虫文化賞 贈呈式と記念イベントを写真で

    • 第21回手塚治虫文化賞 マンガ大賞はくらもちふさこさんの『花に染む』に決定

      第21回手塚治虫文化賞 マンガ大賞はくらもちふさこさんの『花に染む』に決定

    記事本文に戻る
贈呈式は、東京・築地の浜離宮朝日ホールで行われた
会場ロビーには受賞作品のパネルと単行本が並んだ
会場ロビーに飾られた、お茶の水博士とレオのフィギュア。毎年、授賞式で配られるピンバッジも19年分が勢揃い
『逢沢りく』(文藝春秋)でマンガ大賞を受賞した、ほしよりこさんのサイン入りパネル
『聲の形』(講談社)で新生賞を受賞した、大今良時さんのサイン入りパネル
短編賞を受賞した吉田戦車さんのサイン入りパネル。『伝染るんです。』でおなじみのキャラクター「かわうそ君」の姿も
『小さな恋のものがたり』(学研パブリッシング)で特別賞を受賞した、みつはしちかこさんのサイン入りパネル
みつはしさんの『小さな恋のものがたり』受賞記念スマホケース
手塚治虫文化賞贈呈式会場の様子。渡辺雅隆(朝日新聞社社長)の主催者挨拶から始まった
祝辞を述べる、来賓の手塚眞さん。「マンガには、作者個人の思いを超えていく力があります。今回の受賞作品も、さらに世の中に出ていって多くの人に読まれ、それがこれからの日本のマンガを形作っていくのだと思います」
選考経過を報告する、選考委員の中条省平さん。「今までのマンガにはない独特の柔らかいタッチが、人間に本来備わるあいまいな部分に呼応するところではないか。その革新性は大賞に相応しいということで議論が一致しました」
「『逢沢りく』ほしよりこ殿」の文字が彫られたアトム像。緊張の面持ちで像を受け取ったほしさんは、「緊張してしまって何も言えなくて……。本当にありがとうございます」と感謝の言葉を述べた
アトム像を受け取る大今良時さん
新生賞を受賞した大今さん。アトム像を胸に、この賞に見合うようなマンガをこれからも描いていきたいと、今後の抱負を述べた
アトム像を受け取る吉田戦車さん
短編賞を受賞した吉田さん。マンガというジャンルと雑誌という文化に心から感謝したいと語った
贈呈式後に行われた記念イベントで対談をする伊藤理佐さんと吉田戦車さん
対談中の吉田戦車さん。「担当編集者から受賞の電話をもらったときはてっきり連載マンガの描き直しかと思った」と苦笑い
対談中の伊藤理佐さん。「うちは普段、夜8時以降はめったに電話がかかってこないから岩手のお母さんからだと。そのぐらい、短編賞は“突然”やってくるんです!」
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 手塚治虫文化賞の贈呈式 ニワトリのかぶり物姿の女性が登場したわけ

    手塚治虫文化賞の贈呈式 ニワトリのかぶり物姿の女性が登場したわけ

    週刊朝日

    6/7

    手塚治虫文化賞贈呈式 今年も個性的な受賞者が勢揃い

    手塚治虫文化賞贈呈式 今年も個性的な受賞者が勢揃い

    dot.

    5/22

  • 『3月のライオン』作者・羽海野チカさん、手塚治虫文化賞贈呈式で喜びを語る

    『3月のライオン』作者・羽海野チカさん、手塚治虫文化賞贈呈式で喜びを語る

    dot.

    5/30

    有間しのぶ、さいとう・たかを、小山健、山田参助 手塚治虫文化賞 受賞した4人の素顔

    有間しのぶ、さいとう・たかを、小山健、山田参助 手塚治虫文化賞 受賞した4人の素顔

    週刊朝日

    6/7

  • 手塚治虫文化賞の短編賞 贈呈式前に先輩からいじられた矢部太郎さん お祝いの言葉は「無駄遣いするな、税金がくるぞ」

    手塚治虫文化賞の短編賞 贈呈式前に先輩からいじられた矢部太郎さん お祝いの言葉は「無駄遣いするな、税金がくるぞ」

    週刊朝日

    6/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す