ママ友から嫌がらせ受け マンションで「忍者歩き」に 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ママ友から嫌がらせ受け マンションで「忍者歩き」に

 難しい人間関係のひとつ、「ママ友」。学校や幼稚園のほか、マンションでも気遣わなければならないケースもあるようだ。

 玄関のポストに投げ込まれたメモを読んで、3歳の一人娘がいる女性は凍りついた。

「奥様が今朝、他人の三輪車を足で蹴ったのを見た方がいます。以後、やめてください」

 差出人は、マンションの下の階に住む10歳ほど年上の30代後半の主婦。近所の幼稚園でボスママ的な人物だ。

 手紙の内容は事実無根。なぜこんな嫌がらせを? でも、実は思い当たることもあった。メモ事件から約1カ月前、女性は横浜市内のこのマンションに入居した。引っ越しの挨拶に配ったのは高級店の洋菓子。駐車場には、実家から譲り受けた外車をとめていた。さらにボスママの夫の勤務先は、偶然にも女性の夫の会社の子会社で、顔見知りだったのだ。

「夫は無邪気に『知り合いがいてよかったな』なんて言っていましたがとんでもない。最初からあちらは戦闘態勢。私のすべてが気に入らないようでした」

 最初は気にしなかった嫌がらせは次第にエスカレートした。挨拶しても露骨に無視され、玄関前に公園のものと思しきゴミが散乱していたこともあった。それでも仕事で疲弊した夫は、「気にするな」としか言わない。

 引っ越しから半年ほどたったある晩、娘に階下に足音が響かないように“忍者歩き”を強制していて、ふと我に返った。

「このままじゃダメだ」

 翌日、いつも無視される挨拶の代わりに5秒間、思い切りボスママの顔をにらみつけて、無言で通り過ぎてみた。

「驚きました。翌日から猫なで声で私に話しかけてくるんです。結局は弱い者イジメしかできないかわいそうな人でした」

AERA 2013年4月22日号


トップにもどる 国内記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい