「正しい姿勢」に関する記事一覧

「プレゼン」で緊張しなくなるための「思考のくせ」と自律神経によい深呼吸とは 
「プレゼン」で緊張しなくなるための「思考のくせ」と自律神経によい深呼吸とは 

原田賢(Ken Harada)/1976年東京生まれ。うつ病を自力で克服し復職した経験と知識を元に「自律神経専門整体 元気になる整体院」を開院 本書では認知のゆがみを思考のくせ、考え方のくせと表現し、代表的な10の認知のゆがみを表にまとめて掲載している。表にある口ぐせを参考にすると、自分の思考のくせに気づきやすくなる 鼻から息をゆっくり吸いながら胸を膨らませていくと、お腹は自然に凹んでいく。胸を凹ませながら息をしっかり吐ききる。ゆっくり吸って吐いてを3~5分繰り返す(イラスト/フクイサチヨ) 共働き家庭が増えている現在、「仕事と子育ての両立が出来ていない気がする」という悩みを抱える女性は多い。また、普段の仕事でも「プレゼンのときに緊張してしまう」など、プレッシャーが悩みになる人もいるだろう。

dot.
この話題を考える
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
50歳から早めの終活

50歳から早めの終活

人生100年時代、50歳はようやく折り返し地点といったところ。けれども、人生後半戦を安心して楽しむには、50歳から準備すべきことがたくさんあります。 老後資金はいくら必要か、年金はいくらもらえるか、お葬式やお墓はどうするか――。つい先送りしたくなる宿題への備えを取材しました。

5分でわかる! 新NISA

5分でわかる! 新NISA

2024年1月から大幅な制度拡充となったNISA。何から始めていいのかいまだに分からない人も多いのでは。新NISAは制度が恒久化するだけでなく非課税投資枠が拡大し、個人投資家にとって使い勝手がいい。すでに始めた人も、そうでない人も、いまいちど制度の内容を復習しよう。

新NISA
1
カテゴリから探す
ニュース
「セクシー田中さん」問題はアメリカでは起こらないわけ 契約書は数十枚、完了までに半年~1年
「セクシー田中さん」問題はアメリカでは起こらないわけ 契約書は数十枚、完了までに半年~1年
木南晴夏
dot. 4時間前
教育
【国際女性デーイベント】「女性」をテーマに各編集長がゲストと生き方、働き方、子育てなどを語り尽くす!AERAの3媒体が3月5~8日にトークライブ配信
【国際女性デーイベント】「女性」をテーマに各編集長がゲストと生き方、働き方、子育てなどを語り尽くす!AERAの3媒体が3月5~8日にトークライブ配信
dot. 4時間前
エンタメ
〈受験シーズン〉「東大タレント」30年史 菊川怜が変えたブランドイメージ
〈受験シーズン〉「東大タレント」30年史 菊川怜が変えたブランドイメージ
菊川怜
週刊朝日 3時間前
スポーツ
巨人、松井秀喜臨時コーチに感じた“指導者の資質” 阿部監督にはない指揮官に“向いてる要素”
巨人、松井秀喜臨時コーチに感じた“指導者の資質” 阿部監督にはない指揮官に“向いてる要素”
プロ野球
dot. 22時間前
ヘルス
【乳がん手術】乳房再建外来を開設し患者に寄り添う 筑波大学病院・坂東裕子医師「価値観を押し付けない」
【乳がん手術】乳房再建外来を開設し患者に寄り添う 筑波大学病院・坂東裕子医師「価値観を押し付けない」
いい病院
dot. 23時間前
ビジネス
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均株価
dot. 2/25