「福岡伸一」に関する記事一覧

「夢がないなら、それでいい」 50年ごしで夢をかなえた福岡ハカセが、子どもたちに伝えたいこと

「夢がないなら、それでいい」 50年ごしで夢をかなえた福岡ハカセが、子どもたちに伝えたいこと

 動物と話せる医者・ドリトルと動物たちによる冒険を描いた児童文学の名作「ドリトル先生」シリーズ。このキャラクターを土台にした小説、『新ドリトル先生物語 ドリトル先生 ガラパゴスを救う』を執筆したのが、

dot.

8/1

  • ガラパゴス諸島の生き物が人間を恐れないのはなぜ? 現地で福岡伸一さんが最も驚いたこと

     地球上でここにしか見られない生き物が生存する、ガラパゴス諸島。南米エクアドル領の、赤道直下に並ぶ火山群島で、ユネスコの世界自然遺産第1号に登録されている。この地を2020年3月に初めて訪れたのが、生

    dot.

    7/31

  • 『新ドリトル先生』は「生命の輝きをありのまま描いた」 生物学者・福岡伸一が込めた思い

     生物学者として、自然や生命の不思議を追い続けてきた福岡伸一さん。自身初となる本格小説は、児童文学シリーズ「ドリトル先生」の世界が舞台の冒険物語だ。AERA 2022年7月18-25日合併号の記事を紹

    AERA

    7/18

  • 福岡伸一

    福岡伸一

    生物学者・福岡伸一が指摘する薬物汚染の背景 「コカインを知ったヒトの“快”の抜け道は…」

     生物学者・福岡伸一による週刊誌「AERA」の人気コラムが「AERA dot.」でリニューアル! メディアに現れる科学用語を福岡伸一が毎回ひとつ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。いわば「科学

    AERA

    4/11

この人と一緒に考える

この話題を考える

1

カテゴリから探す