「マイノリティ」に関する記事一覧

「自分の味方になってあげる小説を」食べることに嫌悪感を抱く女子高生を描いた『人間みたいに生きている』

「自分の味方になってあげる小説を」食べることに嫌悪感を抱く女子高生を描いた『人間みたいに生きている』

「食べることは幸せ」と思えない私は、欠けた人間なのだろうか——。 食べることそのものに嫌悪感を抱いている女子高生の三橋唯。はじめて自分の居場所を見つけたのは、食べ物の臭いが一切

dot.

9/22

この人と一緒に考える

この話題を考える

1

カテゴリから探す