市川海老蔵さんとV6の三宅健さんが週刊誌AERAで対談!羽織袴姿の2ショットも披露

 2月25日(月)発売の週刊誌AERAで、「六本木歌舞伎第三弾 羅生門」で共演中の市川海老蔵さんとV6の三宅健さんがスペシャル対談。羽織袴姿で向き合い、人間のエゴイズムを描いた作品への思いを語り合っています。「寝て起きたら海老蔵さんが乗り移っていてほしい」と語る歌舞伎初挑戦の三宅さんに、海老蔵さんが「舞台に居てくださるだけでいいんです」と語りかける場面もあり、それぞれが今回の作品にかける思いが読み取れる対談となっています。

2019/02/26 15:18

「六本木歌舞伎」は市川海老蔵さんらが「歌舞伎の楽しさを広く伝えたい」と立ち上げた舞台。第三弾となる今年は、芥川龍之介の『羅生門』を映画監督の三池崇史さんが演出。2020年に市川團重郎白猿を襲名する市川海老蔵さんと、V6の三宅健さんの共演で上演中です。

あわせて読みたい

  • 市川海老蔵、三宅健 出演【六本木歌舞伎 第三弾『羅生門』】2019年2月開幕決定

    市川海老蔵、三宅健 出演【六本木歌舞伎 第三弾『羅生門』】2019年2月開幕決定

    Billboard JAPAN

    9/18

    V6三宅健、歌舞伎初挑戦のプレッシャーに「アンキパン欲しい」

    V6三宅健、歌舞伎初挑戦のプレッシャーに「アンキパン欲しい」

    AERA

    3/1

  • 海老蔵、舞台出演は365日で千回 「六本木歌舞伎」にかける思いとは?

    海老蔵、舞台出演は365日で千回 「六本木歌舞伎」にかける思いとは?

    AERA

    3/2

    海老蔵「モテるでしょうし、好き放題できる時代が来てしまう」わが子の未来語る

    海老蔵「モテるでしょうし、好き放題できる時代が来てしまう」わが子の未来語る

    週刊朝日

    3/5

  • 追悼2017 いつまでも心のなかに

    追悼2017 いつまでも心のなかに

    12/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す