AERA dot.

下野紘インタビューがTVアニメ「伊藤潤二『コレクション』」公式サイトで公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TVアニメ「伊藤潤二『コレクション』」に出演中の下野紘

TVアニメ「伊藤潤二『コレクション』」に出演中の下野紘

 いよいよオンエアがスタートした、TVアニメ「伊藤潤二『コレクション』」。第1話にも出演していた下野紘が自身の演じる役や本作に対する想いを語ったインタビュー記事を、本日公式サイトに公開いたしました。下野はメインビジュアルに描かれている押切トオルを演じる他、各話にまたがり色々な役を演じています。

 公開を記念して、一部をご紹介!

――「押切トオル」役で伊藤潤二作品にご出演されたわけですが、伊藤作品の魅力とは? お好きな作品やエピソードがあれば教えてください。
 実は、『押切』シリーズは読んだことがなかったんです。『うずまき』、『富江』シリーズ、『長い夢』とかは読んでいたんですけど。伊藤潤二先生の作品って、「この物語はこういう世界から始まる」という前提でマンガが始まるじゃないですか。もちろん現実世界に軸足を置いたお話もあるんですけど、特殊で独特な世界設定を基軸にした作品が多くて、そこからさらに怪奇な出来事が展開していく。ここがまず伊藤先生の作品の大きな魅力だと思うんです。次に、「あれはいったい何だったんだ」「この先の展開が見たい!」というようなインパクトと余韻。これがものすごく強いので、その先のお話や、次の作品をいっそう読みたくなります。クセになると言いますか、そういう訴求力が他作品にはない伊藤先生の作品の魅力だと思っています。

――押切トオルを演じられてみて、いかがでしたか?

 押切はモノローグの多いキャラクターといいますか、頭の中でずっと思考し続けている子です。モノローグでは非常に饒舌。だから最初は“ちょっと影を背負った、普通の男子高校生”として演じました。ですが「もっとより内向的な雰囲気を出してください」というご指示をいただいたので、モノローグと会話で少しテンションを変えて演じました。ちょっと悩んだのは、押切が叫ぶシーンです。ホラー作品なので当然叫ぶシーンも出て来るのですが、その叫びに内向的な要素を入れていいものか、少し悩みました。

――押切というキャラクターの魅力、またはすごいなと思うところをお教えください。

 高校生なのに、あの不気味な館でひとり暮らしができるのは本当にすごいと思います。どんな不気味な館なのかは放送でお確かめいただきたいのですが、館の不気味さを知ると彼のすごさを改めて実感すると思います(笑)。また押切は、内向的な一方で過激なところもあるので、なんだかんだでいろんな表情を見せてくれるところも魅力だと思います。

――ここからは「もしも」を前提とした質問です。もし破格のギャラで、押切の住む館に丸一日たったひとりで過ごす仕事がきたら、どうしますか?

 頑張ります! もちろん怖いことは怖いんですが、おそらく館への好奇心が恐怖を上回るんじゃないかと思います。

――では伊藤潤二作品に「下野 紘」が登場するとしたら、どんな役割を担う、どんなキャラクターだと思いますか?

  (笑)。そうですね……。すっごくカラアゲが好きな男で、カラアゲ絡みの仕事をどんどんしていたらいつの間にかカラアゲ以外の食べ物が周囲から消えて、食べるものがカラアゲしかなくなってしまうとか。最終的には、仕事がなくなって崖っぷちで、最後に「こういう仕事がある」「ヤラセだから」と言われて、自分がカラアゲになるとか (笑)。あるいは、男なのに胸が大きいキャラクターで、どんどん胸が大きくなっていって最終的にその胸に潰されて死ぬか、破裂しちゃう。それか自分が消えてなくなって、胸だけになってどこかへ飛んで行くとか……。どちらにしろバッドエンドしか思いつかないです(笑)。

この続きは公式サイトにて掲載中!
http://www.itojunji-anime.com/


トップにもどる お知らせ一覧


続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加