• 特集
  • 【特集】新型コロナウイルス

【特集】新型コロナウイルス

最新ニュースから生活情報まで、新型コロナウイルスを徹底解説

  • 外でマスクは不要?世界が規制を撤廃する中、日本は慎重な姿勢 不要とする専門家の見解は

    外でマスクは不要?世界が規制を撤廃する中、日本は慎重な姿勢 不要とする専門家の見解は

     世界で「マスクなし」の動きが広がるなか、日本では是非をめぐる議論が続く。「外では不要」とする専門家が語る、その理由と条件は。AERA2022年5月30日号の記事を紹介する。*  *  * 東京都内の

    AERA

    12時間前

  • 新型コロナワクチン 4回目で「終わり」ではない 効果とさらなる追加接種の可能性

    新型コロナワクチン 4回目で「終わり」ではない 効果とさらなる追加接種の可能性

     5月下旬から、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種が始まる。今回の接種対象は限定的だが、秋にはより幅広い人を対象にした接種が再び始まる可能性がある。AERA 2022年5月30日号から。 

    AERA

    5/24

  • 「火は自分でおこすもの」「痕跡は残さない」  達人キャンパーたちのコアな世界

    「火は自分でおこすもの」「痕跡は残さない」  達人キャンパーたちのコアな世界

     コロナ禍が続く中、アウトドアの人気も続いている。3密を避けることができるレジャーとしてキャンプ人気が広がるいっぽうで、達人たちのコアな世界がある。AERA2022年5月23日号から。*  *  * 

    AERA

    5/21

  • 世界で続々報告 子どもの急性肝炎 原因不明で発症の75%が5歳以下

    世界で続々報告 子どもの急性肝炎 原因不明で発症の75%が5歳以下

     原因不明の子どもの急性肝炎が世界各地から報告されている。原因についてはさまざまな調査が進んでいる。子どもは自分では体調の悪さを訴えにくいので、周囲の大人が子どもの様子に注意したい。AERA 2022

    AERA

    5/20

  • コロナ禍のがん治療 近畿大・大塚医師「ひとりで逝かせてしまった」という後悔

    コロナ禍のがん治療 近畿大・大塚医師「ひとりで逝かせてしまった」という後悔

    新型コロナウイルスの流行が始まって2年以上が経ちました。その間も、がんになった患者への治療は行われており、いまも入院患者の面会制限は続いています。コロナ禍のがん治療について、近畿大学医学部皮膚科学教室

    dot.

    5/13

  • ゼロコロナ政策で後れを取る日本 行動制限のないGWに女医が思うこと

    ゼロコロナ政策で後れを取る日本 行動制限のないGWに女医が思うこと

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「世界のゼロコロナ政策と日本の後れ」について、NPO法人医療ガバナンス

    dot.

    5/4

  • 中国の「ゼロコロナ」隔離の実態 解除後も「親類や友人の訪問禁止」の厳しさ

    中国の「ゼロコロナ」隔離の実態 解除後も「親類や友人の訪問禁止」の厳しさ

     新型コロナウイルス感染拡大が続く中国では、徹底した「ゼロコロナ」政策が講じられている。隔離後にも及ぶ制約の実態、2週間ぶりに封鎖を解かれた記者が感じた思いとは──。AERA 2022年4月25日号の

    AERA

    4/23

  • 消える駅のアナログ時計 コロナ禍の煽りうけるJR東、経費削減策に反対の声も

    消える駅のアナログ時計 コロナ禍の煽りうけるJR東、経費削減策に反対の声も

     JR東日本の駅構内から、駅のシンボルでもある時計が消え始めている。コロナ禍による旅客収入の激減が背景の一つにあるというが、反対の声も上がる。AERA 2022年4月25日号より。*  *  *「不便

    AERA

    4/23

  • 「物資をよこせ!」中国ゼロコロナで困窮する人たち 「私がゼロにされる」批判投稿も

    「物資をよこせ!」中国ゼロコロナで困窮する人たち 「私がゼロにされる」批判投稿も

     新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中国。いまも「ゼロコロナ」政策を続けているが、国内外で「行き過ぎだ」との声が上がる。AERA 2022年4月25日号の記事から、自宅に2週間隔離された記者によ

    AERA

    4/22

  • 中国の「ゼロコロナ」政策ルポ 「笑い話はいつ終わるのか」当局に批判的な声も

    中国の「ゼロコロナ」政策ルポ 「笑い話はいつ終わるのか」当局に批判的な声も

     新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国は、いまもゼロコロナ政策を徹底している。その代償は大きく、社会の不満が高まっている。AERA 2022年4月18日号の記事から紹介する。*  *  * 大規模な

    AERA

    4/14

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す