嵐・二宮和也 関係続いている人たちを大切にしていきたい (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

嵐・二宮和也 関係続いている人たちを大切にしていきたい

週刊朝日#嵐

 8月24、25日に日本テレビ系で放送される開局60周年記念番組「24時間テレビ36 愛は地球を救う」でメインパーソナリティーを務める国民的アイドル・嵐。2年連続、4度目の牽引役は番組史上初という。その意気込みと、自分やグループの未来について二宮和也さんが語った。

*  *  *  *
 30年後、一人じゃなかったらいいな。今の僕の知り合いは40代や50代の人が多いから、みんないないかもしれないなあ。これまで後輩は特定の人としか絡んでこなかったけど、考えたほうがいいのかも(笑)。仲間や家族をちゃんと形成している人間になっていたいですね。

 そのとき嵐でいるかは“よきにはからえ”という感じです。まじめな話をすると、僕らはやはりアイドル産業なので、賞味期限がある。いつまでも続けられる限り続けてくださいというわけにはいかない。後輩たちに譲りながら先輩たちがやってきた道を、自分らで独占するわけにいきませんから。どんな立場になっても、僕ら5人の関係は変わらず続いていくだろうし、後輩たちが働きやすい環境をひとつでも残せたら、役目を果たせたことになるのかな。

 僕はけっこう現状に満足するタイプなので、今はすごく恵まれていると思います。基本的に、これまで自分のキャリアを上げるためにやった仕事なんてひとつもなくて、まじめに一生懸命取り組んできた結果、今がある。「これをやったらもっとすごいところにいける」とか、そういう考えで仕事をしたことはなかった。


トップにもどる エンタメ記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい