火神子 天孫に抗いし者

今週の名言奇言

2019/07/18 17:57

 森山光太郎『火神子(ひみこ) 天孫に抗いし者』はこれが最後の募集となった第10回朝日時代小説大賞受賞作である。設定だけでも驚くよ。なにせ舞台は弥生時代末期。主人公はあの卑弥呼。正確にいうと、これはひとりの少女が卑弥呼(火神子)になるまでの物語なのだ。

あわせて読みたい

  • この歴史・時代小説がすごい! 傑作ぞろいの2019年ベスト10を発表

    この歴史・時代小説がすごい! 傑作ぞろいの2019年ベスト10を発表

    週刊朝日

    1/6

    天孫降臨の地・日向は宮崎ではなく福岡? 古代氏族研究50 年の集大成

    天孫降臨の地・日向は宮崎ではなく福岡? 古代氏族研究50 年の集大成

    週刊朝日

    3/31

  • 「三国志」曹操の持病と、治療できた唯一の医師の運命とは? 現代の医師が診断
    筆者の顔写真

    早川智

    「三国志」曹操の持病と、治療できた唯一の医師の運命とは? 現代の医師が診断

    AERA

    8/28

    日本初の王「卑弥呼」の“やばい”正体とは?

    日本初の王「卑弥呼」の“やばい”正体とは?

    ダイヤモンド・オンライン

    12/17

  • 出雲と大和─古代国家の原像をたずねて

    出雲と大和─古代国家の原像をたずねて

    3/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す