いずれの日にか国に帰らん

話題の新刊

2018/06/20 10:30

 絵本作家の安野光雅さんが、故郷の島根県津和野町を描き、綴った46の話からなるエッセイ。前半には、安野さんの好きだった懐かしい少年時代の風景が描かれている。紙芝居、機織り、警察署、呉服店……。巻末には、けん玉、メンコ、酒瓶、ちりめん生地のお手玉、SL……。但し巻末の絵は、挿絵の仕事をしていた亡き弟、宗男さんの作品だ。

あわせて読みたい

  • 司馬遼太郎と安野光雅はファン同士 でも「街道をゆく」は合わなかった?

    司馬遼太郎と安野光雅はファン同士 でも「街道をゆく」は合わなかった?

    週刊朝日

    2/13

    「安野光雅」美術館が京丹後にもオープン! 130点超える原画初公開へ

    「安野光雅」美術館が京丹後にもオープン! 130点超える原画初公開へ

    週刊朝日

    6/22

  • 追悼・安野光雅さん 皇居スケッチで美智子さまと談笑、時には電話も

    追悼・安野光雅さん 皇居スケッチで美智子さまと談笑、時には電話も

    週刊朝日

    1/20

    安野光雅「小金井刑務所」からの年賀状で騒動に

    安野光雅「小金井刑務所」からの年賀状で騒動に

    AERA

    1/1

  • 一之輔の前世は「家畜全般」? 占い好きだった元落語家のS兄さん
    筆者の顔写真

    春風亭一之輔

    一之輔の前世は「家畜全般」? 占い好きだった元落語家のS兄さん

    週刊朝日

    5/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す