知性は死なない 平成の鬱をこえて

話題の新刊

2018/05/30 10:30

 うつ病を克服するまでの闘病記でもあり、平成を振り返る政治学の本でもある。教育についての提言でもあり、哲学書のようでもある。きちんと章立てされながらも混然とした内容の豊かさと、著者が自身をさらけ出すようにして紡いだ言葉の圧倒的な誠実さによって本書は際立っている。

あわせて読みたい

  • 池上彰と的場昭弘が語る なぜいまこそ「社会主義」なのか?

    池上彰と的場昭弘が語る なぜいまこそ「社会主義」なのか?

    dot.

    6/11

    「平成は20世紀以降で最悪の時代」? 超辛口の平成回顧本

    「平成は20世紀以降で最悪の時代」? 超辛口の平成回顧本

    週刊朝日

    4/30

  • 田原総一朗 日本で“社民党”が誕生しない理由
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗 日本で“社民党”が誕生しない理由

    週刊朝日

    6/25

    田原総一朗「竹中平蔵氏に大批判 その異常さを日本は受容できない」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「竹中平蔵氏に大批判 その異常さを日本は受容できない」

    週刊朝日

    12/2

  • 会社から逃げることは敗北ではない! 今“逃げ場”が必要な理由

    会社から逃げることは敗北ではない! 今“逃げ場”が必要な理由

    dot.

    6/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す