日本二千六百年史 新書版

ベストセラー解読

2017/11/22 10:30

 大川周明は戦後、民間人で唯一のA級戦犯に指定され、東京裁判に臨んでいる。これだけでも、彼が戦前の日本においてどれほどの影響力をもった思想家だったか、推察できるだろう。日本改造主義の実践にも深く関わり、五・一五事件では禁錮5年の判決を受けて服役。出所してからは日本精神の復興やアジア主義を核とする言論活動を展開し、昭和14年にそれらの集大成として『日本二千六百年史』を上梓すると、官憲の弾圧によって改訂を余儀なくされるも、大ベストセラーとなった。

あわせて読みたい

  • 眞子さま週3勤務、佳子さま学業専念 プリンセスに吹く初夏の風

    眞子さま週3勤務、佳子さま学業専念 プリンセスに吹く初夏の風

    週刊朝日

    5/13

    日本人が知らない!世界最古の宗教「ゾロアスター教」がその後の宗教に残した影響

    日本人が知らない!世界最古の宗教「ゾロアスター教」がその後の宗教に残した影響

    ダイヤモンド・オンライン

    8/19

  • おれは最近、なんぼもろてるんやろ…ぶっちぎりの少額年金に驚愕
    筆者の顔写真

    黒川博行

    おれは最近、なんぼもろてるんやろ…ぶっちぎりの少額年金に驚愕

    週刊朝日

    10/17

    「昭和十八年 幻の箱根駅伝」戦時下の選手がコロナ禍の現代へ託した襷。そして絆

    「昭和十八年 幻の箱根駅伝」戦時下の選手がコロナ禍の現代へ託した襷。そして絆

    dot.

    12/27

  • 室井佑月「撤回するならはじめからすんなやっ」と怒り心頭
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「撤回するならはじめからすんなやっ」と怒り心頭

    週刊朝日

    3/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す