子どもの脳を傷つける親たち

ベストセラー解読

2017/09/27 10:30

『子どもの脳を傷つける親たち』を著した友田明美は、子どもの発達に関する臨床研究を30年近くつづけてきた小児精神科医。彼女によれば、日本語で「不適切な養育」と訳される「マルトリートメント」によって、子どもの脳が物理的に変形することが明らかになったらしい。添付された何枚もの脳の写真が、その悲惨な研究成果を証明している。

あわせて読みたい

  • 乳児の口に他人の血――医師もだまされる「代理ミュンヒハウゼン症候群」

    乳児の口に他人の血――医師もだまされる「代理ミュンヒハウゼン症候群」

    週刊朝日

    9/22

    「体罰で脳の容積が減少」の調査結果…うつ病や問題行動の原因にも

    「体罰で脳の容積が減少」の調査結果…うつ病や問題行動の原因にも

    AERA

    12/22

  • 「頭が良くなる」おもちゃに科学的根拠なし?! 脳が発達するおもちゃとは

    「頭が良くなる」おもちゃに科学的根拠なし?! 脳が発達するおもちゃとは

    dot.

    11/20

    危険すぎるスマホ依存 長文読めず、言語能力は2歳児レベルに

    危険すぎるスマホ依存 長文読めず、言語能力は2歳児レベルに

    週刊朝日

    6/16

  • 連休中、頭を空っぽにするテク 脳の「アウェー」使うべし

    連休中、頭を空っぽにするテク 脳の「アウェー」使うべし

    AERA

    5/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す