煙が目にしみる 火葬場が教えてくれたこと

話題の新刊

2016/11/17 11:29

 米国シカゴ大学で中世史を学んだ女性が、サンフランシスコの葬儀社に就職し「火葬技師」として働いた1年間の体験記だ。
 土葬が基本の米国で、近年増加傾向にあるとはいえ火葬はマイノリティ。「なんでまた大学を出て。それも火葬場に」と同僚からも首を傾げられる。
「死」に強い関心をもった8歳の時の体験をはじめ、小説を読むようなタッチで日々の出来事が綴られる。一人きりの職場に慣れたある日、赤いワンピースで出勤するや「そこのあなた」と遺族から叱責される。火葬室に遺族が集うのが稀だったためだ。「遺灰の配送」も珍しくはなく、難癖をつけて料金を払うまいとする輩もいる。異文化の集積する多民族国家。逸話の一つ一つから、弔いの儀式や捉え方はこんなにも異なるものかと驚かされる。

週刊朝日 2016年11月25日号

煙が目にしみる 火葬場が教えてくれたこと

ケイトリン・ドーティ著、池田真紀子訳

amazon
煙が目にしみる 火葬場が教えてくれたこと

あわせて読みたい

  • 「もう遺骨はいらない」火葬場にまかせる“ゼロ葬”とは?

    「もう遺骨はいらない」火葬場にまかせる“ゼロ葬”とは?

    週刊朝日

    9/27

    23区の死者は“火葬場ラッシュ”に合う…「弔い」の地域差

    23区の死者は“火葬場ラッシュ”に合う…「弔い」の地域差

    週刊朝日

    9/3

  • 火葬後、遺骨を引き取らない「0葬」のススメ

    火葬後、遺骨を引き取らない「0葬」のススメ

    AERA

    1/30

    天皇陛下の葬儀に関する疑問 いままで火葬された天皇はいるの?

    天皇陛下の葬儀に関する疑問 いままで火葬された天皇はいるの?

    週刊朝日

    11/22

  • 火葬場で読経のパターンも 今どきの“自分流”葬儀とは?

    火葬場で読経のパターンも 今どきの“自分流”葬儀とは?

    週刊朝日

    2/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す