書評『書くインタビュー』佐藤正午著/聞き手・伊藤ことこ、東根ユミ 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

書くインタビュー 佐藤正午著/聞き手・伊藤ことこ、東根ユミ

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山実書評#話題の新刊

書くインタビュー 1

佐藤正午著/聞き手・伊藤ことこ、東根ユミ

978-4094061710
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 異色なのは、メールのみのインタビュー本であることだ。一度も対面しないままに進行していく。しかも質問者からの第一信が〈佐藤さん、疲れませんか〉。仕事でへとへとで気が乗らないとライターが「ぶっちゃけ」てしまっている。
 作家歴30年を超え、近年のヒット作は『身の上話』。出不精で地元を離れたがらず、「飛蚊症」「五十肩」をわずらい「鬱」でブランクがあったなど、文中から近況がそれとなく窺い知れる。09年から今年まで、文芸誌「きらら」に連載されたものが下敷きになっている。当初のぶっちゃけライターが失踪。交代した質問者がこれまた〈正午さん〉となれなれしく呼びかけ、佐藤氏を〈無精ったらしい質問の放り投げはやめてください〉といらつかせる。
 にもかかわらず、句読点にこだわる「文体」論から「創作」の手の内まで詳らかに語っている。夏目漱石の『坑夫』や、自身の分身ともとれる作中の「元作家」を持ち出し、「書く理由」にも几帳面に返答。コミカルで奇抜に見えるが、衒わず真摯に語るには、佐藤氏にとってこの手法以外にありえなかったのだろう。

週刊朝日 2015年8月7日号


トップにもどる 書評記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい