プロ野球界から異業種への転身 公認会計士、宅建士、ライターだけじゃない意外な転職先

朝日新聞出版の本

2021/09/21 17:00

イラスト:佐野文二郎
イラスト:佐野文二郎

 正統派ノンフィクション『詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間』から、プロ野球本の奇書『プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!』まで、球界の表と裏を書き続ける長谷川晶一。最新作『プロ野球ヒストリー大事典』は、日本プロ野球の約90年にも及ぶ歴史(正史・秘史・俗史)を佐野文二郎の膨大なイラストと写真で明解にまとめた集大成(?)的作品。そのPART2「キーワード別 日本プロ野球史」から「異業種転身史」を紹介する。

*  *  *
■うなる16文、「世界の巨人」から「ブルース・リーと戦った男」まで

 現役引退後、プロ野球の世界から異業種に転身して、成功を収めた選手も多士済々だ。その筆頭として忘れてはならないのが1955(昭和30)年から59年まで巨人に在籍していた馬場正平。そう、後に「世界の巨人」として国際的存在感を誇ったプロレスラー・ジャイアント馬場だ。56、57、59年と二軍では最優秀投手賞を獲得する逸材だったが一軍では結果が残せずに現役を引退。その後、力道山率いる日本プロレスに入門し、その巨体を生かして大スターとなった。

 青汁のCM、「ああっ、マズい。もう一杯!」でおなじみの俳優・八名信夫は56~58年まで東映フライヤーズに在籍。その後、親会社である映画会社、東映からのスカウトで悪役俳優に転身。「長嶋や王に打たれるより、高倉健に撃たれろ」と口説かれたというのは有名な話。

 意外と知られていないのが、53~59年まで毎日、大毎オリオンズに在籍した橋本力。現役引退後、大映・永田雅一から「役者になれ」と勧められ、俳優に転身。背の高さを生かして『大魔神』のスーツアクターとして活躍。香港映画『ドラゴン怒りの鉄拳』ではブルース・リーの敵役として国際的存在となった。

 テレビタレントとして大成功を収めたのが、59~69年まで中日に在籍していた板東英二。70年にCBCラジオでパーソナリティーデビューを果たすと、その後はテレビ、ラジオに大活躍。俳優として、『金曜日の妻たちへ』に出演、篠ひろ子、小川知子の夫役を見事に務め上げた。その後、税金のことや頭髪のことでいろいろあったものの、ここでは割愛。武士の情け。現在では長嶋一茂が連日、テレビに登場、お茶の間をザワつかせている。

NEXT

スポーツキャスターとして『プロ野球ニュース』を大成功に導いたのが…

1 2 3

あわせて読みたい

  • MLBの監督に「元スター選手」が少ないワケ…苦労人が名将になるケースも

    MLBの監督に「元スター選手」が少ないワケ…苦労人が名将になるケースも

    dot.

    5/4

    早々とプロ野球界を去った選手も…“人知れず”引退した「松坂世代」の面々

    早々とプロ野球界を去った選手も…“人知れず”引退した「松坂世代」の面々

    dot.

    12/14

  • 阪神ファンは“敵”を応援!? 引退直前の古巣戦にまつわる「粋なエピソード」

    阪神ファンは“敵”を応援!? 引退直前の古巣戦にまつわる「粋なエピソード」

    dot.

    12/11

    発売49年目のロングセラー「プロ野球チップス」の知られざる歴史

    発売49年目のロングセラー「プロ野球チップス」の知られざる歴史

    dot.

    9/17

  • 野村克也氏がボヤき続けた決断に「神のお告げ」退団まで…プロ野球「暗黒時代」の歴史

    野村克也氏がボヤき続けた決断に「神のお告げ」退団まで…プロ野球「暗黒時代」の歴史

    dot.

    9/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す