路面電車がエルサレムを変えた 車内ではユダヤ人とアラブ人の会話が弾む

連載「金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学”」

金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学”

イスラエル

2021/08/21 17:00

 私が1990年代の終わりに初めて東京に着いたとき、最も感銘を受けたことの一つが、発展した都市の列車システムでした。地下鉄、各列車、路面電車とそのネットワーク化されたシステム、そして安価に速くどこでも移動できることに驚きました。

あわせて読みたい

  • 日本人にはわかりづらいイスラエル紛争 現地教授が読み解くユダヤ人とアラブ人「共存」の道
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    日本人にはわかりづらいイスラエル紛争 現地教授が読み解くユダヤ人とアラブ人「共存」の道

    dot.

    5/29

    コロナ禍が生んだ、イスラエルとパレスチナのコラボ
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    コロナ禍が生んだ、イスラエルとパレスチナのコラボ

    dot.

    5/31

  • 男子13歳、女子12歳 ユダヤ人の成人式が早い理由とは?
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    男子13歳、女子12歳 ユダヤ人の成人式が早い理由とは?

    dot.

    5/5

    アメリカ大使館エルサレム移転で遠のく中東和平 そもそも何が問題なの?

    アメリカ大使館エルサレム移転で遠のく中東和平 そもそも何が問題なの?

    AERA

    8/9

  • 「あまりにも理不尽でひどい」記者が見たエルサレム「首都宣言」の代償 

    「あまりにも理不尽でひどい」記者が見たエルサレム「首都宣言」の代償 

    AERA

    12/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す