コロナ禍で学校放火も… 丸山ゴンザレスが衝撃を受けた事件 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コロナ禍で学校放火も… 丸山ゴンザレスが衝撃を受けた事件

連載「カオスな現場の取材メモ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ゴンザレスdot.#新型コロナウイルス
 世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。
ソウェト内の風景。貧しい人々が集まって暮らす。多くの人が仕事についておらず、コロナ騒動で失業者はさらに増えるとみられている

ソウェト内の風景。貧しい人々が集まって暮らす。多くの人が仕事についておらず、コロナ騒動で失業者はさらに増えるとみられている

■学校が襲われる!?

 世界ではロックダウンが緩和されていく流れも出始めているが、アフリカではまさにこれから新型コロナウイルスの感染が拡大していくとみられている。医療体制が脆弱な地域もあり、人口密集地区も多いことが主な理由だ。

【写真】現地に立つ丸山ゴンザレス

 南アフリカ共和国の経済都市・ヨハネスブルグへは何度となく旅や取材で訪れている。現地の黒人居住区「ソウェト」で案内をしてくれたニャイコという若者とは現在も交流がある。帰国後も何度か連絡をとりあっていたのだが、最近になってあるニュースを見て思わず連絡した。

「ニャイコ、南アフリカで略奪が起きたらしいね」

「そうなんだよ」

 ロックダウンで仕事がストップし、収入が途絶えた人々が商店から物品を略奪したという。

「政府の援助がないから仕方ないんだ」

 不満を漏らすニャイコだが、政府からの食料の配給は一度だけあったらしい。

「どんなものが配給されたの?」

「rotten food parcel(腐った食料)」

 衝撃である。それはさておき、私がもっと衝撃だったことを聞いてみた。

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい