高卒「競合ドラフト1位」選手たちの現状 明暗分かれ、今季が“正念場”の選手も

2023/01/02 18:00

 プロ野球の世界でエリートと言えば高校からドラフト1位で入団した選手であるが、中でも最初の入札で複数球団の指名を集めた“競合ドラ1”と呼ばれる選手たちがトップエリートと呼べる存在だ。そのような選手たちは当然プロ入り前から高い注目を集めているが、その注目度の高さゆえに苦しむケースも少なくない。そんな近年の高校生競合ドラ1の現状と、今季の飛躍が期待できそうな存在について探ってみたいと思う。

あわせて読みたい

  • 来年こそは活躍して欲しい、大きな注目を集めた「元ドラ1」たち

    来年こそは活躍して欲しい、大きな注目を集めた「元ドラ1」たち

    dot.

    12/31

    野球と勉強の“二刀流”は不可能? プロで苦しむ「高学歴選手」

    野球と勉強の“二刀流”は不可能? プロで苦しむ「高学歴選手」

    dot.

    12/7

  • 才能が花開かず…“ドラ1”入団も「1軍出場なし」で終わった選手たち

    才能が花開かず…“ドラ1”入団も「1軍出場なし」で終わった選手たち

    dot.

    6/3

    中日・根尾昂、今季は“出番減少”も…「話にならない」打撃の改善求められる

    中日・根尾昂、今季は“出番減少”も…「話にならない」打撃の改善求められる

    dot.

    2/22

  • 「ドラフト外れ1位」ヤクルト・村上が史上最速100号達成「本命」日本ハム・清宮は1軍出場なし の”格差”

    「ドラフト外れ1位」ヤクルト・村上が史上最速100号達成「本命」日本ハム・清宮は1軍出場なし の”格差”

    dot.

    9/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す