軽度のADHDで「社会」だけトップクラスの小5息子、中学受験とどう向き合えば? 母の相談にアドバイス

矢萩&きょうこの「偏差値にとらわれない」中学受験相談室

ADHD

2022/05/16 16:00

「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。思い切って「偏差値」というものさしから一度離れて、中学受験を考えてみては――。こう提案するのは、探究学習の第一人者である矢萩邦彦さんと、「きょうこ先生」としておなじみのプロ家庭教師・安浪京子さんです。連載17回目の今回は、発達の特性がある子どもに中学受験をさせたいと考えている、小5のお母さんからの相談です。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す