ロシア軍の偵察用ドローンに搭載された日本製カメラ 市販の製品が「軍事用」として使われる理由

ウクライナ

2022/05/06 08:00

 連日の報道で目にするウクライナの戦場。上空から撮影した映像もめずらしくないが、それらの多くは家電量販店などで販売されているドローンで映したものともいわれている。民生品だけでなく、軍事用に開発されたドローンにも市販品のデジタルカメラが使われているケースがある。身近な製品が軍事用に使われている現状について、『ドローンの世紀-空撮・宅配から武装無人機まで』(中央公論新社)の著者で、軍事技術に詳しい井上孝司さんに聞いた。

あわせて読みたい

  • ドローン攻撃はパンドラの箱? 対応は厄介、「開戦の口実」にも

    ドローン攻撃はパンドラの箱? 対応は厄介、「開戦の口実」にも

    AERA

    9/25

    ウクライナ軍が次々とロシア戦車を撃破する「家庭用ドローン」の威力 自衛隊も大量配備の背景

    ウクライナ軍が次々とロシア戦車を撃破する「家庭用ドローン」の威力 自衛隊も大量配備の背景

    dot.

    4/8

  • ドローン操れぬ自衛隊の時代遅れ度 「駆けつけ警護」に死角あり 

    ドローン操れぬ自衛隊の時代遅れ度 「駆けつけ警護」に死角あり 

    週刊朝日

    12/8

    Da-iCE工藤大輝&和田颯、キヤノン新製品のアンバサダーに就任

    Da-iCE工藤大輝&和田颯、キヤノン新製品のアンバサダーに就任

    Billboard JAPAN

    11/6

  • ラグビーW杯ハーフタイムに駆け込むカメラマンも 熱戦を「陰」で支える日本企業

    ラグビーW杯ハーフタイムに駆け込むカメラマンも 熱戦を「陰」で支える日本企業

    AERA

    10/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す