尾崎豊没後30年、「僕が僕であるために」で“落ちた” 生前を知らない10、20代もなぜ熱狂するのか 

尾崎豊

2022/04/25 10:00

 1992年4月25日、シンガー・ソングライターの尾崎豊が26歳でこの世を去り、30年がたった。没後30年の節目に「OZAKI30 LAST STAGE 尾崎豊展」が東京、静岡(~4月25日まで)、福岡(4月29日~)で開催されている。そこには、生粋の尾崎ファンだけでなく生前の尾崎を知らない10代、20代の姿もあった。なぜ、時代を超えて尾崎は愛されるのか――ファンの声を聞いた。

あわせて読みたい

  • 没後30年「尾崎豊」の伝説は生前から始まり、死によって完成した

    没後30年「尾崎豊」の伝説は生前から始まり、死によって完成した

    dot.

    4/24

    尾崎豊が今も心をつかむ理由「遺した71曲全てが日々の告白」

    尾崎豊が今も心をつかむ理由「遺した71曲全てが日々の告白」

    週刊朝日

    4/6

  • 尾崎豊、没後27年…息子・裕哉が伝承する「尾崎の歌と人生」

    尾崎豊、没後27年…息子・裕哉が伝承する「尾崎の歌と人生」

    週刊朝日

    4/25

    “反抗のカリスマ”尾崎豊は「哲学者に近かった」 改めて追うその面影

    “反抗のカリスマ”尾崎豊は「哲学者に近かった」 改めて追うその面影

    AERA

    4/24

  • 尾崎世界観×椎木知仁 初対談!「言葉を使って人の心を掴むのは、ある意味、詐欺。」

    尾崎世界観×椎木知仁 初対談!「言葉を使って人の心を掴むのは、ある意味、詐欺。」

    dot.

    6/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す