絵画は金持ちだけのものじゃない! 「全世界、送料無料」のアートマーケットをつくった日本人とは

なぜ1億円のアート作品がポチられるのか #2

NFT

2022/01/22 11:00

 お金持ちの特権だったアート作品の売買が、ネット上での売買によって、一般にも広がっている。なかでもアジアで勢力を伸ばすのが、世界120カ国以上のアート作品、約41000点を網羅した日本発の大型マーケットプレイス「TRiCERA ART(以下、トライセラアート)」だ。アート連載「なぜいま、億単位のアート作品がポチられるのか」。第2回目は、世界のアート作品を気軽に「ポチっと」できるマーケットプレイスのお話。

あわせて読みたい

  • 資産家はどうやってアート作品を買い集めるのか? コレクターを支えるプロの「本物の見極め方」

    資産家はどうやってアート作品を買い集めるのか? コレクターを支えるプロの「本物の見極め方」

    NFT

    dot.

    2/1

    アンディ・ウォーホルの名画を100円から保有できる! コーヒー感覚で夢を買うアートの「共同保有」とは

    アンディ・ウォーホルの名画を100円から保有できる! コーヒー感覚で夢を買うアートの「共同保有」とは

    dot.

    1/15

  • Techstars Music主催【Demo Day】オンライン開催、2020年の有望なスタートアップ10社紹介

    Techstars Music主催【Demo Day】オンライン開催、2020年の有望なスタートアップ10社紹介

    Billboard JAPAN

    5/11

    コロナ禍でも美術品が億単位で落札される理由は? 元「国際金融のプロ」が解説

    コロナ禍でも美術品が億単位で落札される理由は? 元「国際金融のプロ」が解説

    dot.

    4/27

  • エリック・クラプトンは、アートの目利きコレクターだった?

    エリック・クラプトンは、アートの目利きコレクターだった?

    BOOKSTAND

    6/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す