4月に変わる「高校国語」に学者から怒りの声 「人の気持ちがわからない子が育つ“改悪”」

論語パパ

2022/01/01 09:00

 2022年4月から高校の国語教育が変わる。新学習指導要領にのっとって、文学よりも実用的文章を重視する傾向が強まるのだ。この問題に、「江戸時代への逆戻り」「他者の気持ちがわからない人が育つ」と怒りの声を上げるのは、文献学者、山口謠司・大東文化大学教授だ。AERA dot.の人気連載「子育ての悩みを『論語』で解決!」の著者で、NHK教養バラエティー「チコちゃんに叱られる!」の解説者としても人気の山口教授に、話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 契約書か漱石の『こころ』か、どちらかしか学べない? 高校国語の新学習指導要領に困惑の声

    契約書か漱石の『こころ』か、どちらかしか学べない? 高校国語の新学習指導要領に困惑の声

    AERA

    1/8

    第27回 学校では教えてくれない「論理力」を養う『出口式 親子で学ぶ はじめての論理国語 考える力を伸ばすトレーニング』

    第27回 学校では教えてくれない「論理力」を養う『出口式 親子で学ぶ はじめての論理国語 考える力を伸ばすトレーニング』

    4/10

  • 内田樹「子どもたちには『論理国語』よりもコナン・ドイルを」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「子どもたちには『論理国語』よりもコナン・ドイルを」

    AERA

    4/3

    東大文学部の白熱シンポジウムを書籍化、日本の教育改革にメス “ことばはツール”なのか?

    東大文学部の白熱シンポジウムを書籍化、日本の教育改革にメス “ことばはツール”なのか?

    AERA

    10/5

  • 「中学受験させたいが、低学年から塾に入れるのは可哀想」 悩む母親へのアドバイスは?
    筆者の顔写真

    山口謠司

    「中学受験させたいが、低学年から塾に入れるのは可哀想」 悩む母親へのアドバイスは?

    dot.

    5/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す