“日本一”入試方法が多い私立中学の狙いとは 「中学受験=塾通い」の常識を覆す

中学受験

2021/07/20 10:00

 首都圏の私立中学校を中心に「新タイプの入試」が増えている。思考力や表現力、コミュニケーション能力といった「21世紀型スキル」が求められるこれらの入試にはどのような種類があり、受験生はどのような対策を立てればいいのだろうか。また、こうした入試が増えている背景には何があるのか。『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』(朝日新聞出版)では、ウェブサイト「中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員でもある教育家の小川大介さんや、「日本一入試方法の多い学校」を標榜する宝仙学園中学校共学部理数インターを取材した。

あわせて読みたい

  • 中学入試でリアル脱出ゲーム!? レゴ、謎解き、プログラミング…多様化する試験の狙いとは?

    中学入試でリアル脱出ゲーム!? レゴ、謎解き、プログラミング…多様化する試験の狙いとは?

    dot.

    4/10

    塾に通わずに合格する子も!? 新タイプの中学入試とは?

    塾に通わずに合格する子も!? 新タイプの中学入試とは?

    dot.

    12/8

  • 小6の12月からでも私立中学は目指せる? 進学塾に通っていなくても合格が狙える入試とは

    小6の12月からでも私立中学は目指せる? 進学塾に通っていなくても合格が狙える入試とは

    dot.

    12/14

    受験エリート校はダメ? 中学入試で「脳みそに汗をかく問題」が好まれる理由

    受験エリート校はダメ? 中学入試で「脳みそに汗をかく問題」が好まれる理由

    AERA

    1/25

  • 大学と公立中高一貫の入試、どちらも「太郎と花子」? 共通テストと適性検査「似ている」を検証

    大学と公立中高一貫の入試、どちらも「太郎と花子」? 共通テストと適性検査「似ている」を検証

    AERA

    3/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す