「学問の神」として知られる菅原道真公が「冤罪の神」として信仰された理由 

あなたの知らない神社仏閣の世界

2021/06/26 07:00

 学問の神さまといえば、天神さま、つまり菅原道真公ということはよく知られている。ただしこれは江戸時代以降、寺子屋が多く作られていった過程で生まれてきた信仰である。また明治時代以降は、政治の中心が天皇へと移った関係から忠臣として取り上げられることとなったため、一層注目が集まったと思われる。

あわせて読みたい

  • 本日2月25日は、“学問の神様”菅原道真の命日です

    本日2月25日は、“学問の神様”菅原道真の命日です

    tenki.jp

    2/25

    受験シーズン到来!  学問の神様を祀る「天満宮」についてきちんと理解し、合格祈願に行こう!

    受験シーズン到来!  学問の神様を祀る「天満宮」についてきちんと理解し、合格祈願に行こう!

    tenki.jp

    1/20

  • 受験の神様・菅原道真はもともと怨霊だった?

    受験の神様・菅原道真はもともと怨霊だった?

    週刊朝日

    2/14

    本当は怨霊だった

    本当は怨霊だった"受験の神様" 菅原道真

    BOOKSTAND

    10/1

  • 2月25日は梅花祭。天満宮へ出かけよう−俳句歳時記を楽しむ

    2月25日は梅花祭。天満宮へ出かけよう−俳句歳時記を楽しむ

    tenki.jp

    2/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す