「味方だと思っていない」ゆたぼん父の衆院選出馬表明に、不登校児の親の本音 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「味方だと思っていない」ゆたぼん父の衆院選出馬表明に、不登校児の親の本音

梅宮昌宗dot.
出馬表明の中村幸也さん(左)(本人のツイッターより)

出馬表明の中村幸也さん(左)(本人のツイッターより)

 小学校に続き、4月に入学した中学校も登校しない意思を示した「不登校YouTuber」のゆたぼん。その父で心理カウンセラーの中村幸也氏が、次期衆議院議員選挙への出馬を表明したことは大きな話題を呼んだ。

【写真】ゆたぼん不登校問題に持論を語り称賛を集めたのはこの人

 中村氏は17日に自身のブログで、「次期衆院選で立候補することを決めました」と報告。「不登校の子どもの数は年々増えており、2017年は14万人だった小中学校の不登校者数が2018年には16万人に、2019年は18万人となっています。不登校になる理由もイジメなどだけでなく、多様化しており、学校という場所に合わない子どもたちも増えてきているのです。そんなふうに『学校に行かない道を選択した子ども』が学べる環境を整えていくことはとで大事なことだと思っています。ゆたぼんのように学校に行かない選択をした子どもを持つ親として、メッセージを伝えつつ、多様な学びの機会を得られる国づくりをしていく所存です」と綴った。

「不登校の自由」を主張するゆたぼんと中村氏には賛否両論の意見がある。著名人では脳科学者の茂木健一郎氏、俳優の石田純一は支持を表明している。一方で、「ひろゆき」こと西村博之氏は自身のツイッターで、「登校が嫌なら通信制の中学校で教育を受けることは可能。子供に教育を受けさせる義務を放棄してる親には罰則が必要だと思います。教育の機会を捨てるのを是とする考えを広めるのは社会的に良くないしアホの再生産になります。子供は被害者なので責めるべきではないです」とゆたぼんを擁護した上で中村氏を痛烈批判。「子供をダシにした動画でしかお金稼ぎが出来ない無能が再生数のために子供から教育と学歴を取り上げること、動画を真に受けて間違えた道に進む子供が出てくる事が社会にとって良くないと思っています」と主張すると、中村氏も自身のSNS上でひろゆき氏に反論。レスバトルが繰り広げられた。

 今回の中村氏の衆院選出馬に、ツイッター上では「義務教育だから学校に行けという世間の声が多い中で、実際に学校に行くべきかは置いといて、息子の意見を尊重すると堂々と公共の場で言えるのは父親の本来のあるべき姿だと思う。いい政治家になる気がする」と賛同する意見も見られるが、別の見方も。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい