かんぽ問題で「不正」認めた上司は2人! 現場に厳罰で上司に甘い「日本郵政」は再生できるのか

かんぽ問題

2021/05/01 08:00

 この4月で創業150年を迎えた日本郵政グループ。不正が多数発覚したかんぽ生命保険の営業再開にはこぎ着けたが、不祥事の後始末の仕方には見過ごせない問題がある。『郵政腐敗』(光文社新書)を出版した朝日新聞経済部の藤田知也記者がリポートする。

あわせて読みたい

  • 「選挙の得票を稼がなければ、出世に響くかも」不祥事続出の郵便局長の闇を暴く

    「選挙の得票を稼がなければ、出世に響くかも」不祥事続出の郵便局長の闇を暴く

    dot.

    9/12

    室井佑月「完璧なオチですか」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「完璧なオチですか」

    週刊朝日

    10/17

  • 日本郵政が沈黙する局長カレンダー8億円“還流”疑惑「頑なに隠せば、さらに疑惑招く」と専門家

    日本郵政が沈黙する局長カレンダー8億円“還流”疑惑「頑なに隠せば、さらに疑惑招く」と専門家

    dot.

    1/14

    不正、疑惑噴出の郵便局長会で幹部がマスコミ批判「不当な悪役扱い」

    不正、疑惑噴出の郵便局長会で幹部がマスコミ批判「不当な悪役扱い」

    dot.

    1/16

  • 郵便局長のカレンダー政治流用疑惑 90人に懲戒処分も調査結果は疑問だらけ

    郵便局長のカレンダー政治流用疑惑 90人に懲戒処分も調査結果は疑問だらけ

    dot.

    12/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す