参加無料なのに日本酒やお米がもらえる「オンライン帰省イベント」 人口3千人の町の狙いとは (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

参加無料なのに日本酒やお米がもらえる「オンライン帰省イベント」 人口3千人の町の狙いとは

白井裕子dot.#オンライン帰省
オンライン帰省イベント参加申込者に届いた、約4千円相当の特産品(写真提供/株式会社YUKARI)

オンライン帰省イベント参加申込者に届いた、約4千円相当の特産品(写真提供/株式会社YUKARI)

SHIBUYA QWS(東京・渋谷)の磐梯町官民共創拠点の3人と、磐梯町長とをオンラインでつなぎトークセッション。和気あいあいとした雰囲気で進行した(写真提供/磐梯町)

SHIBUYA QWS(東京・渋谷)の磐梯町官民共創拠点の3人と、磐梯町長とをオンラインでつなぎトークセッション。和気あいあいとした雰囲気で進行した(写真提供/磐梯町)

 新型コロナの影響で「帰省はオンラインで」と呼びかけられるようになって久しい。そんななか今年3月、福島県にある人口3千人あまりの町が、異例のオンライン帰省イベントを開いた。参加費は無料なのに、申し込むと約4千円相当の町の特産品が届くのだ。しかも、その町に何の縁もない人でも参加できるという。なぜこんなイベントを企画したのか。町の担当者に取材した。

【写真】町長とオンライントークの様子はこちら

*  *  *
 福島県の会津地方にある「磐梯町」。全国的にも知られる「磐梯山」を擁するが、人口約3300人の小さな町だ。

 その磐梯町が主催したのが、参加無料のオンライン帰省イベントだ。申し込むと、同町産の日本酒や米、ごはんのお供など数点の「磐梯の愛情コメコメ乾杯セット」(約4千円相当)が事前に自宅に届く。「帰省」と銘打つが、「コロナ禍において帰省や旅行を自粛している満20歳以上の方」なら、同町出身者でなくても参加できる。そのため、募集3日で定員は満席になった。

 当日は磐梯町長による町の紹介や、参加者同士がZoomで顔を合わせながら、届いた日本酒で乾杯する一幕もあった。また、事前に各自が磐梯町産の米を炊いておいて、一緒におむすびをつくるワークショップも行われた。

 参加者35組のうち磐梯町出身者はわずか3~4組。ほとんどが町とはゆかりがない人で、首都圏や関西圏をはじめ、北海道や鹿児島県からの参加者もいたという。

 同町がこうしたイベントを行うのは、昨年8月に続き2回目だという。町と直接関係ない人たちに約4千円分もの特産品を無料で提供するのはなぜなのか。イベントを主催した町職員、五十嵐大輝さん(31)はこう話す。

「特産品を食べたり飲んだりすることで、これまで磐梯町を知らなかった人にも『第2の故郷』のように感じてほしいという思いから企画しました」

 だが、真の狙いはそれだけではないと、五十嵐さんは言う。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい