横浜市「3・11の給食に赤飯」は不適切だったのか 被災者からは「子どもがかわいそう」「本意ではない」との声も

東日本大震災

2021/03/17 17:37

 横浜市の一部の市立小学校で、3月11日の給食で提供予定だった「赤飯」が差し替えられた。同市では例年、年度末になると卒業や進級を祝うために献立に赤飯が提供されていたが、今年は複数の学校関係者から不適切なのではという指摘が寄せられ、別の日の献立と差し替えたという。だが市の対応については保護者からは「給食の一品にまで自粛が必要なのか」との意見があり、被災者からも「本意ではない」といった疑問の声も上がっている。

あわせて読みたい

  • バスに間に合わない…2分早く退勤し続けた市職員に13万7千円の返金請求は妥当?同情の声も

    バスに間に合わない…2分早く退勤し続けた市職員に13万7千円の返金請求は妥当?同情の声も

    dot.

    3/11

    女性総理にふさわしい人 1位は小池百合子氏、2位蓮舫氏

    女性総理にふさわしい人 1位は小池百合子氏、2位蓮舫氏

    AERA

    1/17

  • 菅首相はなぜ国民から支持されなくなったのか 望月衣塑子記者が感じた記者会見での「決定的なミス」

    菅首相はなぜ国民から支持されなくなったのか 望月衣塑子記者が感じた記者会見での「決定的なミス」

    dot.

    1/14

    アレルギーの子どもを「疎外」しない 大阪狭山市の給食の取り組み

    アレルギーの子どもを「疎外」しない 大阪狭山市の給食の取り組み

    AERA

    3/10

  • 給食がわりに360円の格安弁当 横浜市の「ハマ弁」は成功するか?

    給食がわりに360円の格安弁当 横浜市の「ハマ弁」は成功するか?

    dot.

    6/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す