Creepy Nuts ヒップホップユニットがバラエティ番組にここまで躍進する理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Creepy Nuts ヒップホップユニットがバラエティ番組にここまで躍進する理由

連載「道理で笑える ラリー遠田」

ラリー遠田dot.#ラリー遠田
R-指定(右)とDJ 松永(左)のヒップホップユニットCreepy Nuts(C)朝日新聞社

R-指定(右)とDJ 松永(左)のヒップホップユニットCreepy Nuts(C)朝日新聞社

 Creepy Nutsの2人をテレビで見かける機会が増えてきた。EXITとのレギュラー番組『イグナッツ!!』(テレビ朝日)をはじめとして、数多くのバラエティ番組に出演している。

【写真】くりぃむ上田に「天才」と言われながら25年間パッとしなかったのはこの人!

 Creepy Nutsとは、R-指定とDJ 松永の2人から成るヒップホップユニットである。ラッパーのR-指定は日本最高峰のMCバトル『UMB GRAND CHAMPIONSHIP』で3年連続の優勝を果たしている。一方のDJ 松永はイギリス・ロンドンで行われた世界最大規模のDJ大会『DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2019』で優勝した。2人ともヒップホップミュージシャンとしては文句なしの実績を残している。

 しかし、バラエティ番組に出ているときの彼らは、人懐っこい笑顔を浮かべるフレッシュな若手タレントである。その飾らない自然体のたたずまいは、今どきのタレントには珍しい。

 昔から、ミュージシャンでありながらテレビタレントとしても活躍する人はいた。バラエティ番組で重宝されるミュージシャンの条件は「キャラが強い」「トークが面白い」のどちらかの要素を持っていることだ。例えば、GACKTはどちらかと言うと前者、西川貴教は後者の要素を持っている。デーモン閣下のように両方の要素を持っている人もまれにいる。

 だが、Creepy Nutsの2人はこの条件にあまり当てはまっていないように見える。見た目がそれほど目立つわけではないし、ラジオ番組を持っていてトークに慣れているとはいえ、並外れた話術があるわけでもない。ただ、目立ちたがり屋でもなくテレビ慣れもしていないその純朴さが、一周回って新鮮に見えている。

 彼らはヒップホップミュージシャンでありながら、荒々しいイメージがなく、親しみやすいところがある。本人たちも、何も特別なことがない一般家庭で育った自身の生い立ちにコンプレックスを感じているところもあるようだ。特に、DJ 松永は「童貞感」を売りにしていて、バラエティ番組でもこじらせた本音を赤裸々に語ることが多い。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい