「今の巨人にとって必要な人物」桑田真澄の電撃入閣がもたらす“絶大な影響” (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「今の巨人にとって必要な人物」桑田真澄の電撃入閣がもたらす“絶大な影響”

dot.sportsdot.
巨人の1軍投手チーフコーチ補佐就任した桑田真澄 (c)朝日新聞社

巨人の1軍投手チーフコーチ補佐就任した桑田真澄 (c)朝日新聞社

 桑田真澄の1軍投手チーフコーチ補佐就任が発表された。06年オフにメジャー挑戦のために巨人を退団後、15年ぶりの古巣復帰を果たす。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

「新年早々、春から縁起がいい。非常にいいニュースを発信することができることになりました」

 巨人・原辰徳監督は満面の笑みで語り始めた。

「強い味方が、強い同志が1人加わったという点では、すごく喜んでいます。野球人として、人間力、生き様に非常に私自身も興味がある。私自身も勉強になる人だと思いました。ぜひ、そういう人にスタッフに入ってもらって、ジャイアンツをつなげて育てて行ってもらいたいと思いました」

 原監督の『桑田賛辞』が止まらない。

 ほんの1カ月ほど前、日本シリーズでソフトバンクに惨敗。2年連続4連敗という屈辱を味わい、言葉を失っていた同一人物とは思えないほどの饒舌ぶりだった。

「突然の決定と言われているが、以前から桑田本人との接触は図られていた。球団内ではチームのビジョンについて協議されていた。球団施設等にかなりの投資をしたこともあり、育成システムを体系化する必要性もあった。従来型のメンタル重視系ばかりでなく、理論的に指導できるコーチの必要性が出て来た。そこで桑田の名前は前から出ていた。謎の中の謎ということではない」(巨人担当記者)

 桑田は08年に現役引退後は、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科でトップスポーツマネジメントを学んだ。東京大野球部、桜美林大で特別コーチ、PL学園高OB会長やスポーツ庁参与なども務めて来た。論理的で丁寧な語り口の解説も変わらず評判が高い。

「高校野球からメジャーまで様々な場所で投げて来た。小さい身体で多くのケガや故障を抱えながら、プロで結果を残した。現在も東京大学大学院 総合文化研究科で投球や打撃の動作解析などを続ける。古今の野球をとことん探究している。今の巨人にとって必要な人物の1人であるのは間違いない」(巨人OB)

 日本シリーズでの惨敗が桑田招聘を後押しした面もある。巨人打線は球威あるソフトバンク投手陣を打てなかった。逆に巨人投手陣は柳田悠岐、中村晃など、パワフルな強打者たちの餌食になった。盛んに議論されるようになった『セ・リーグの危機』を、巨人全体で受け止めた部分もある。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい