朝倉未来が初黒星! メイウェザーの対戦相手が「それでも朝倉未来」と関係者が主張するワケ (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

朝倉未来が初黒星! メイウェザーの対戦相手が「それでも朝倉未来」と関係者が主張するワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
メイウェザーと戦う日本人選手は、朝倉か別の日本人選手か。(c)朝日新聞社

メイウェザーと戦う日本人選手は、朝倉か別の日本人選手か。(c)朝日新聞社

 RIZINの舞台で初めて朝倉未来が敗戦を喫した。

【写真】格闘家と恋に落ちた美人女優たち

 11月21日、大阪城ホールで開かれた「RIZIN.25」のRIZINフェザー級初代王者を決めるタイトルマッチ。RIZIN7連勝中の朝倉未来(28)は斎藤裕(33)に0-3の判定で敗れ、初代王座を逃した。
 
 試合前、下馬評は圧倒的に「朝倉有利」だった。

「試合から遠ざかっていたとはいえ、RIZINで7戦全勝という実績もありますし、トレーニング相手の弟の朝倉海選手も試合前に『いまの兄貴はマジで強い』と話していた。未来選手自身も『今回の相手に勝っても価値ってそんなに高くない』と話していましたし、斎藤選手については『全体的にそつなくやれる選手ですけど、特化したものがないので何も怖くないなっていう』と分析していた。これまで通りの余裕をみせていて、『勝つのは朝倉選手だろう』という声が圧倒的だった」(業界関係者)

 その相手にRIZIN初黒星を喫してしまった朝倉。敗因はどこにあったのか。朝倉に近しい現役格闘家は「余裕を持ちすぎていた」と分析する。

「朝倉選手は打撃も寝技も上手だが、その技術は他の選手と比べて飛びぬけたものではない。卓越した分析能力をもとに攻撃を仕掛けるタイミングの取り方が飛びぬけて上手な選手。だけど今回は、本人も試合後に『もうちょっと行けた』と語っているようにエンジンをかけるのが遅かった」

 3R、残り1分の場面で朝倉が左ストレートをヒットさせ、斎藤の膝が崩れるシーンなど、朝倉優勢だと感じる局面もあった。

「確かにあの左ストレートは強烈でした。だけどその直後、朝倉選手は斎藤選手を倒しに行こうとしなかった。いや、できなかった。それは斎藤選手のパンチが効いていた証拠です。予想以上にそれまでのダメージが蓄積されていたんでしょう。1Rが終わった時点では『朝倉選手が、いつものように次で倒しに行くな』と感じたんですが、テイクバックをしかけたり、相手をよく見て攻撃に転じたのは斎藤選手のほうだった。僕が見ても朝倉選手の0-3の判定負けです」

 試合後、朝倉は判定負けについて「2ラウンドが終わった時点で、セコンドが『勝っている』と言っていたので3ラウンドとれば勝ちと思っていた」と振り返り、「パワーがあんなにあるとは思っていなかった。ダイレクトリマッチをしたい。次やったら勝ちますよ」と再戦を希望した。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい