「20年ぶりに妻と会話できた」 夫婦・家族関係を修復する“ほめ合い合戦”のすすめ

2020/11/17 20:00

 コロナ禍の在宅勤務や外出自粛の影響で、家族が自宅で過ごす時間が増えている。夫婦や家族によっては、一緒にいる時間が増えたことでかえって関係が悪化しているケースも少なくない。そんな事態を打開する目的で6月に発売されたのが、「恥ずかしいけど口に出したら幸せになるカード」だ。これは、ポジティブな言葉が書かれたカードを使って、ゲームとしてお互いにポジティブな言葉を伝え合うというもの。ポジティブな言葉を伝えるだけで、本当に夫婦関係や家族関係が良好になるのだろうか? このカードに付属するブックレットを監修した臨床心理士の杉野珠理さんに、心理学の観点から解説してもらった。

あわせて読みたい

  • アメリカの大学教授直伝! 子どもを伸ばす5つの「戦略的ほめ方」と日本人が苦手な「日常的ほめ方」
    筆者の顔写真

    大井美紗子

    アメリカの大学教授直伝! 子どもを伸ばす5つの「戦略的ほめ方」と日本人が苦手な「日常的ほめ方」

    AERA

    2/2

    コロナ禍で夫婦円満の秘訣は同じ寝室? テレワークは「息抜きない」と専業主婦 満足度調査が示すリアル

    コロナ禍で夫婦円満の秘訣は同じ寝室? テレワークは「息抜きない」と専業主婦 満足度調査が示すリアル

    dot.

    9/12

  • ユーチューブがやめられない8歳の息子、朝起きられず遅刻も… 叱責や罰よりやるべきこと 専門家が解説

    ユーチューブがやめられない8歳の息子、朝起きられず遅刻も… 叱責や罰よりやるべきこと 専門家が解説

    dot.

    5/27

    “3人4脚走”の小学校受験、成功のカギは「親の自己肯定感」

    “3人4脚走”の小学校受験、成功のカギは「親の自己肯定感」

    dot.

    8/24

  • いつも○○を言っている夫婦は、6年以内に離婚する

    いつも○○を言っている夫婦は、6年以内に離婚する

    ダイヤモンド・オンライン

    12/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す