水野美紀 歳を重ねれば「怖いもの」は増えるのか、減るのか? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

水野美紀 歳を重ねれば「怖いもの」は増えるのか、減るのか?

連載「子育て女優の繁忙記「続・余力ゼロで生きてます」」

このエントリーをはてなブックマークに追加
水野美紀さん

水野美紀さん

イラスト:唐橋充

イラスト:唐橋充

 42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は人生の中で増えていく「怖いもの」について。

【チビと唐橋さんの怖いものは…?】

*  *  *
 歳を重ねれば重ねるほど、「怖いもの」は増えるのだろうか。減るのだろうか。

 経験値が増えただけ、対処法の知識は増えるだろうから、例えば、火事を防ぐためにセンサーで火を消してくれるコンロを使う、とか、万が一の病気や怪我に備えて保険に入る、とかすることで怖さを減らしていけるのか。

 それともむしろ知識が増えることによって、「怖いもの」も多種多様に知ることになり、例えば富士山が噴火しそうだ、とか大地震が来そうだ、とかコロナのようなウイルスで、ある日突然生活が一変することもあるんだ、とか対処しようもないことへの怖さは増え続けるばかりなのか。

 ちびが産まれた時、確実に私は怖いものだらけになった。

 陣痛の恐怖、会陰切開の恐怖。産後の体の変化への恐怖。

 生活の変化への恐怖。ちっちゃな赤ちゃんを扱う恐怖。

 誤飲やおむつかぶれ、アレルギーなどの恐怖。

 風でバタン! と閉まるドアに指を挟む恐怖。

 飛び出して車に轢かれる恐怖。

 親になるということは、子供に起こりうるであろう、様々な「怖いこと」との戦いの始まりだと言っても過言ではない。

 だけど怖がってばかりはいられない。

 楽しく過ごせる時間の幸せをしっかり噛み締めて、一瞬一瞬を大事に生きていくしかない。

 イライラしたり焦ったりするのは怖さと戦っているからなのだ。

 親業に限らず、もしかしたらこれはいろんな職種に当てはまるかもしれない。

 現在、舞台の公演中の私の業種は「舞台役者」。

 では、この舞台役者に特化した怖いものとは何だろうか。

 このコロナ禍で急に浮上したのが「公演中止」だ。

 これまではインフルエンザが一番怖いウイルスだったのを、コロナがひとっ飛びで超えた。

 幕が開く。そのことをこんなにありがたく感じたことはなかった。

 しかし幕が開いたら開いたで、我々は日々、怖いものに囲まれ、戦っているのだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい