母が蒸発、父は自殺…アダルトビデオ店の実家が全焼した極貧少年が、大手広告代理店マンに上り詰められたワケ (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

母が蒸発、父は自殺…アダルトビデオ店の実家が全焼した極貧少年が、大手広告代理店マンに上り詰められたワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
飯塚大和dot.
壮絶な人生を歩んできたサノ氏(写真=本人提供)

壮絶な人生を歩んできたサノ氏(写真=本人提供)

サノ氏のツイートは次々とバズっていった

サノ氏のツイートは次々とバズっていった

「実家が全焼したサノ」(@sano_sano_sano_)をご存じだろうか。Twitterで「日常生活で起きた切なかった出来事」を投稿し、平均2000以上の「いいね」をたたき出すなど、「バズ」(拡散)を連発。2019年5月の始動からわずか3カ月で、フォロワー数は3万人を超えた。現在は6万人超のフォロワーを持ち、「インフルエンサー」として勢いを伸ばし続けている。「人よりも悲しい出来事や、切ない出来事が多かった」と語るサノ氏。実家の全焼、母の蒸発に父の自殺。ドッグフードを食べて飢えをしのぐこともあった幼少時代。壮絶なバックグラウンドを持ちながらも、京大大学院に進学し、29歳で大手広告代理店に新卒入社。激動の人生を歩んできたサノ氏の30年には、「先の見えない時代」を生き抜くヒントがありそうだ。

【写真】サノ氏のバズったツイートはこちら

*  *  *
 「家」がなくなったのは、小学4年生のときだった。

 隣人の寝たばこが原因で実家が全焼。この火事で、実家に併設していた父経営の「アダルトビデオ店」も全焼し、家具も服も写真も、大量のアダルトビデオも全てが灰となった。売れ残っていたAVがすべて燃えたことで、父は「その分保険金の額も増えた」と喜んでいた。

「永遠なんてない。ある日突然、日常だと思っていたものがなくなることが何度もありました」

 サノ氏がこう悟るのは、これまでの人生でのあまりに壮絶な経験があるからだ。

 まず、両親の出会いからして特殊だった。きっかけはデート商法に長けた母親が、父親に高級布団を売りつけたこと。女遊びにたけていた父親は、高級布団を買うことを口実に母親とデートを重ね、最終的に結婚に至った。そんな両親ゆえなのか、夫婦げんかは絶えず、幼いサノ氏もそれに巻き込まれていく。

「僕が小学生の時、居酒屋で泥酔していた父を、僕と母で軽トラで迎えに行きました。案の定、父と母は口論になり、母が『もう離婚する!』と言った途端、父は『じゃあ俺が出て行く!』と言い、走行中の軽トラから飛び降り8回転しました。翌日、2人は離婚しました」(Twitterより)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい