スポーツを始める高齢者が増加 予防が期待できる二つの病気は?

スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座

ヘルス

2020/09/28 07:00

 高齢者にとって、いつまでも健康なからだを維持することは共通の願いといえるでしょう。将来寝たきりになってしまう原因として、ロコモティブ症候群やメタボリック症候群などがあります。その予防・治療のために、スポーツを始める高齢者が増えています。高齢者がスポーツを楽しみながら長く続けるにはどんな注意が必要なのか、日本スポーツ医学財団理事長の松本秀男医師に聞きました。

あわせて読みたい

  • 中高年が「スポーツの秋」に気をつけたい やりすぎてはいけない運動

    中高年が「スポーツの秋」に気をつけたい やりすぎてはいけない運動

    dot.

    10/10

    寝たきりを防ぐにはロコモ予防 医師がすすめる五つの心得とは?

    寝たきりを防ぐにはロコモ予防 医師がすすめる五つの心得とは?

    dot.

    11/6

  • 「ヘディング1回で脳細胞10個減る」は冗談ではなかった! 最新研究が示す脳へのこれだけのダメージ
    筆者の顔写真

    松本秀男

    「ヘディング1回で脳細胞10個減る」は冗談ではなかった! 最新研究が示す脳へのこれだけのダメージ

    dot.

    6/22

    メタボ、ロコモ、サルコペニア…医療界「新語ブーム」の裏事情

    メタボ、ロコモ、サルコペニア…医療界「新語ブーム」の裏事情

    週刊朝日

    10/7

  • はりきりシニアは要注意 「運動しすぎ」のリスクとは?

    はりきりシニアは要注意 「運動しすぎ」のリスクとは?

    週刊朝日

    8/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す