坂口安吾が告発した「競輪八百長」事件の残念な結末…文豪の意外な素顔

朝日新聞出版の本

2020/08/02 11:30

 夏目漱石、森鴎外、菊池寛、石川啄木、太宰治など、明治・大正・昭和に活躍した文豪たちの悪口を集めた『文豪の悪態 皮肉・怒り・嘆きのスゴイ語彙力』(朝日新聞出版)。大作家たちの言葉な巧みな語彙は、悪口といえども不思議な奥深さを感じさせる。本書の著者で大東文化大学教授の山口謠司氏が、『堕落論』『白痴』などの作品を残した坂口安吾が失敗に終わった「競輪八百長」事件を紹介する。

あわせて読みたい

  • 東京パフォーマンスドール、平塚競輪場の新イメージキャラクターに決定

    東京パフォーマンスドール、平塚競輪場の新イメージキャラクターに決定

    Billboard JAPAN

    4/1

    八百長リーグ 戦時下最大の野球賭博事件

    八百長リーグ 戦時下最大の野球賭博事件

    週刊朝日

    1/31

  • ディープインパクト、ウォッカ、コントレイル…作家・下重暁子が惚れ惚れした名馬たち
    筆者の顔写真

    下重暁子

    ディープインパクト、ウォッカ、コントレイル…作家・下重暁子が惚れ惚れした名馬たち

    週刊朝日

    11/13

    【ニッポンの課長】オートレース振興協会「爆音響かす教え子とPR」

    【ニッポンの課長】オートレース振興協会「爆音響かす教え子とPR」

    週刊朝日

    8/8

  • 太宰治が温泉宿で執筆するときの正装とは?

    太宰治が温泉宿で執筆するときの正装とは?

    週刊朝日

    12/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す