41本中39本が元本割れ!「年金代わり」に郵便局の投資信託は要注意

朝日新聞出版の本

2020/07/25 09:00

 今この瞬間も、「郵便局」で、あなたのお金が危険に晒されているかもしれない。かんぽ生命の不適切販売が記憶に新しい日本郵政グループ、傘下のゆうちょ銀行では、貯金運用のリスク高騰に加え、投資信託販売でも不正が多くあったと報じられる。老後の「年金」がわりに加入している高齢者も多い郵便局の投資信託で気をつけるべき点は何か。経済ジャーナリスト荻原博子氏の著書『「郵便局」が破綻する』(朝日新聞出版)から、一部抜粋・再構成して紹介する。

あわせて読みたい

  • コロナショックで「郵便局」破綻の可能性が…貯金、保険はどうなる?

    コロナショックで「郵便局」破綻の可能性が…貯金、保険はどうなる?

    dot.

    7/18

    コロナ禍で増えた資産運用デビュー 投資信託初心者の「損した」「儲かった」を大公開

    コロナ禍で増えた資産運用デビュー 投資信託初心者の「損した」「儲かった」を大公開

    AERA

    11/1

  •  ルポ・資産運用で失敗した人たちは何が間違いだったのか

    ルポ・資産運用で失敗した人たちは何が間違いだったのか

    AERA

    10/3

    かんぽ生命だけじゃない! 金融商品の営業トークにだまされないポイント

    かんぽ生命だけじゃない! 金融商品の営業トークにだまされないポイント

    週刊朝日

    7/3

  • 投資信託「グロソブ」が最盛期の10分の1に 解約ラッシュの背景

    投資信託「グロソブ」が最盛期の10分の1に 解約ラッシュの背景

    AERA

    7/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す